クライオンのメッセージ─新しい時代へ向かう為に─

 最近ブログの更新が滞っており、申し訳ありません。日常の多忙ぶりはいつものことなのですが、それ以上に最近は「思索する時間」の方が著しく増えている感じです。
 自分の意見を発信するよりも、もっと「今」という瞬間に投じられたメッセージやサインに耳を傾けたい──そうこうしているうちに毎日が過ぎている、といった状況です。

 去年に比べて、今年というのはどうも「すでにひとつの答えが出ている」ような感があります。
 私はチャネラーではないので、宇宙が地球に対してどのような意図を持っているのか──或いは、人類が何を選んだのか、そうしたことまでは分かりません。しかし、2010年の夏を目処にひとつの「答え」が提示され、今という期間はその「発現の期間」のように思えるのです。
 3月の震災に比べたら、現在発現しているような事象はさほど大きく感じないかもしれません。しかし、水面下で何かが少しずつ変わっている(去年の段階で出された答えに応じた変化をしている)ように思えるのです。
 その「答え」がいかなる発現をもたらすかは分かりませんが、私たちはいつ何時でも、与えられた生命に対して忠実に生きることが求められているのかもしれません。

 さて、前置きはこの辺にして──。
 上記したように「思索の時間」に耽っている最近の篠崎ですが、一時期学校の勉強で押され気味だった読書タイムも、再び盛り返して来たような気がします。最近は新しい本に手を出さず、もっぱら、今までに一度は読んだことのある本の読み直しをしています。
 面白いことに、2~3年前に読んだ本を改めて読むことで、「そこに書かれている内容が、これからの時代を示唆している」ように思える部分が多々あります。

 現在読んでいる本は、ナチュラルスピリットから出版されている「クライオン1 終末の時」です(詳細は文末参照)。
 この本を知るきっかけは非常に奇妙な経緯で、友人から紹介されなければ手にすることもなかっただろう──というものでした(この出逢いについては、機会があればお話します)。
 読み始めた3年前にはこの本の内容がピンと来ず、「どことなくアヤシげなチャネラー本」という認識で留まってしまっていました。しかし、ふとしたきっかけから再度読み直ししたところ、思い当たることや、カヴァーロさんにインタビューして頂いた解答と被る内容が散見され、私の中で急激に信憑性が高まったのです。(※カヴァーロさんへのインタビュー本二冊目が、来月ヒカルランドより出版されます。詳しいことについては、また後日ご連絡します。今回はかなり高度な面にまで話が展開されていて、前回以上にすごい内容です。)今回カヴァーロさんから頂いた解答は、正直言って3年前の私だったら理解出来ない代物だと思います。だからこそ、3年経て読み直した「クライオン1」から感じる信憑性を、私は無視出来ない──そう思いました。

 私が特に考えさせられたのは、以下の点でした。以下引用しますので、皆さんもじっくり内容を検討しながら読み進めてください。

 次に、人工的に生産された爆発しやすい素粒子燃料を除去する必要があります。それらは地球上でもっとも危険な物質です。科学を使い、そういう恐ろしいものを無害化するための発見計画をスタートさせてください。いまスタートすれば、あなたがたは1999年までに、結果をもって報いてくれる大きな科学的な機会の窓を得るでしょう。どんな目的にせよ、そういうものを使うことはやめてください。高い知能をもつ生き物の一種であるあなたがたがなぜ、自分でコントロールもできないで我慢するしかないような毒物を、こうも大量に開発し製造してきたのでしょう?

(リー・キャロル著 松岡敬子・訳 ナチュラルスピリット刊 P158より引用)


 ここで言われている「爆発しやすい素粒子燃料」が何か──皆さん、お分かりのことと思います。現在、日本が問題として抱えている原発のことです。この本が書かれたのは(このチャネリングが行われたのが)1992年なので、今からすでに20年近く前になります。もしこの時、機会を活かすことが出来たら1999年までには何らかの変化があったのかもしれませんが──。

 ちなみに、クライオンとは「宇宙に存在する高次元意識体」のことのようです。
 もっとも、実際にその意識体が「クライオン」と名乗ったわけではないようです。カヴァーロさんがコンタクトしている「クラリオン星人」と関係あるのか──と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、それはよく分かりません。高次元意識体、と言う括りでみれば同じかもしれないし、違うかもしれないので……。
 とりあえず名前のことはさておき、ここで大切なのは「送ってくる存在の正体」ではなく、「送られたメッセージの意味」です。
 多くの人は、チャネリングというと「送ってきた存在」ばかりに拘ります。送ってきた存在が「イエス」だの「ミカエル」だの名乗った途端(それが本当かどうかを検討することなく)、まるで崇高なメッセージを送られてきたかのように、鵜呑みにしてしまう。
 チャネリングの危険は、まさに「ここにある」と、私は思います。
 本来大切なのはメッセージの中身です。その中身に信憑性が感じられないのであれば、送ってきた相手がイエスと名乗ろうがミカエルと名乗ろうが仏陀と名乗ろうがガネーシャと名乗ろうが、「メッセージそのものが無価値」だと、私は思います。
 
 私がクライオンのメッセージについて「信憑性(勿論、これも個人の選別の差はあるでしょう。「まったく感じない」という人もいるでしょうし、そういう方々を説得しようなどというつもりもありません)」を私が感じたのは、こうした「20年後の日本において、大きく問題となっていること」を指摘していただけに留まらず、さらなる提唱があったからです。
 以下、上記引用部分の続きです。

 あなたの悟った心を使って、あなたがたの都市がパワーを引き出すべき、大切な二つの無尽蔵な地域を知ってください。①地球上のあらゆる人間の足もとの直下に無限の熱があります。そしてその熱がパワーに等しいことをあなたがたはすでに知っています。熱を得るために何一つ消耗する必要はないのです。それをどうやって手に入れ利用するかを学んでください! ②海岸沿いの潮の活動の信じられないほどの一貫したエネルギーを理解することです(とどのつまり、主要都市の多くはそういうところにあるでしょう?)。宇宙は引いては寄せる無数の活動をもたらし、あなたがたがそれを使うのを待っています! 水力発電の利点をあなたはすでに知っています。それはあなたがたのものです。無料でクリーンでそして永遠です。

(P158~159より引用)


 上記①は、「地熱発電」のことでしょう。最近原子力に変わるエネルギーとして注目されているものでもあります。
 ちなみに、「原子力に変わる新しい資源」については、カヴァーロさんにも質問させて頂きました。カヴァーロさん自身も、「すでに新たなエネルギーがあること」を示唆しています。

 何故このように、地球上ではエネルギーが歪んだ形で生み出され、活用されてきたのでしょう。
 それは言うなれば、一部の人達の利益の為「だけ」だったのでしょう。その結果、理不尽な搾取が現代に至るまで続いてしまったというのは、実に嘆かわしいことです。科学者達は「もはや人類に解けない謎はない」と胡座をかいて笑ってる暇があるのなら、「何故、そのような時代になってもまだ、世界に平和がもたらされないのか」その謎を解明すべきです。

 新しい時代に向かう為の様々なヒントは、すでに20年前にメッセージとして発信されていたのに、それに実際に気付いて意識出来るようになるまでに時間がかかるというのは、何とも皮肉な話ですね……。
 でも、それこそがある意味「宇宙の時機─タイミング─」というものなのかもしれない──そんなふうにも思います。


【引用文献】
クライオン〈1〉終末の時―内なる平和のための新たな情報クライオン〈1〉終末の時―内なる平和のための新たな情報
(2000/10/10)
リー キャロル

商品詳細を見る

※日本では「1」しか出ていませんが、本来10巻まで出ているそうです。
ナチュラルスピリットさん、頑張って続きを出版してください!


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  
 
banner1.jpg
予定については、もうしばらくお待ちください。
※携帯の方は「こちら」。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー  

対局する二つの側面を融合せよ

 ここ最近、時代の徴候を見るに二極化の傾向があるように感じられます。
 それらの現象は、まるでこの電気的次元を象徴するかのような事象のようにも思える程です。

 拙著にも書きましたが、この次元は「対極する二つの事象」で出来ている──私はそう考えています。すべての物事がプラスとマイナスという二つの側面から生じ、背反するか──或いは「融合」するか。さらなる分離(二極化)をしていくのか、或いは背反する側面を乗り越えて融合するのか。ヘーゲルの言う止揚(アウフヘーベン)とは、こうした私たちの思考作業における側面を言い当てているようにも感じる程です。

 しかし、最近のスピリチュアルの傾向は何事においても「一側面」で捉えようとしがちです。
 言ってしまえば、すべては「善」だと考えようとする傾向にあります。
 しかし、そうした姿勢は危険だと──私には思えるのです。

 私たち人間は、今こうして生きているだけでも多元的な存在です。この次元における自分にターゲットを絞ってみても、それだけで「実に複雑な性質が入り混じっている」ことを実感出来るはずです。そうした中には、必ず「正反対な要素」というのもあるはずです。
 言うなれば──「光と闇」。
 人間としての肉体を持つ以上、どんな人の心の中にもこの「対極する二つの側面」が心の中に宿っている──そう感じる必要性があるように思えるのです。

 対局する二つの側面を自身の中に見つけるのは、そう容易なことではないかもしれません。しかし、自分が普段「どのような考え方で生きているのか」を振り返れば、自ずとそれに気づけるかもしれません。
 例えば──ある「コンプレックスの強い人」がいたとしましょう。その人は一見「謙虚」なように見えますし、口にする言葉もすべて「私には無理だから」「私は自信がない」という言葉が多かったとします。こうした人は日本人に多い傾向がありますし、攻撃的な人に比べたら「まったく問題がない」──そう思う人も多いでしょう。
 しかし、実際にはこうした「自信の無さ」の裏返しには、「自分はすべてにおいて完全に出来るはず」という多大な自負とプライドが隠されている可能性があるのです。

 これは「力のバランス」として考えると、ごく当然の帰結であるように思えます。
 要するに「自信がない」の対極にある言葉は「自信がある」に行き着くのです。
「自信がない自分」を認め、口にするということは、その裏返しである「自信がある自分」の存在にも気づかなければ、本当の意味での「自信を持てない理由」に気づけなくなってしまいます。何故なら、「自信がある自分」があまりに過剰すぎるが故に、等身大である自分に自信を失ってしまう──そうしたパワーバランスが心の背景に存在しているからです。

 すべては「一方向だけではない」のです。必ずや、「対極の側面」があるはずなのです。
 そして、そうした「二つの側面」に気付かないと、心がバランスを欠いたまま暴走をする危険があります。何らかの主張、何らかの訴えがある場合(例えば「人の役に立ちたい」とか、「人に喜んでもらいたい」など)、それらの訴えの裏に潜む「対極の側面」に気付かなければ、まったく見当違いの望みを果てしなく追い続けたまま枯渇していくという矛盾を生じます。
 私は昨今、そうした人々が増えているような感を覚えているのです。

 人間は、必ずしもすべてが「善」のものではありません。綺麗ごとばかりを掲げられる潔癖な生き物でもありません。
 そうした愚かな部分を受け入れてこそ、初めて先に進めるのではないか──私はそう思います。
 こうありたいと願う理想の自分とは真逆の、対極する自分を想像するのは、とても恐ろしいことかもしれません。それに、そうしたことをヨシとしないスピリチュアリストも大勢います。
 しかし、等身大の自分を維持するということは、「理想と対極の位置」を把握しておく必要があるのです。

 例えばヤジロベエみたいなものを想像した時、片側に「理想の自分」をおき、その中央のバランスをとるのが「等身大の自分」だったとしましょう。
 理想の自分の片側にある「対極の自分」を意識出来なかった場合、理想の自分ばかりが星を目指すかのごとく上がっていってしまったら──中央のバランスは保てません。やがてはバランスを崩し、真っ暗な闇に墜ちてしまう危険だってあります。

 私が言っているのは、「人間は汚いところばかりだ」ということではありません。
 そうではなく、そうした闇の部分をただ排斥するのではなく、「それもまた必要なことだった」と受け入れる必要があるのではないか──ということなのです。
 すべてに無駄がないのであれば、過ちもまた「意味のあることだった」ととることが出来るでしょう。
 大いなる哀しみや絶望に瀕した人からすれば、それほど残酷な言葉はないかもしれません。
 ですが、またいずれそれにも納得出来る日が来ることを思えば──哀しみから一歩立ち上がって「受け入れよう」としてみることも悪くない、そんなふうに思う昨今です。



●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  
 
banner1.jpg
予定については、もうしばらくお待ちください。
※携帯の方は「こちら」。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー  
2011-08-14 | 真理 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード