今の時代に、心がける必要があること

 原発のデモ、政治の腐敗……色々な問題が矢継ぎ早におきて、「今、何かが起きているのではないか」ということを感じている人達も多いと思います。
 これは2012問題を知らない人でも、やはり同じように「何か」を感じているようです。私の友人達は映画「2012」の存在も知らなければマヤ暦さえ知らないという人も多いですが、時代の変化はみな薄々と感じているようです。

 目を覆いたくなるような事件──耳を疑うような事件。次々と、そういうことが起きています。
 そうした事件から目を逸らし、「いいことだけ耳にしていれば、悪いことは引き寄せない」──そんな意見もあるかもしれませんね。でも、今の時代にそれをしても、ただ「臭いものに蓋をしている」だけに過ぎません。いわば、「食べ物の好き嫌い」をしているのと同じように、何の解決にもならない行為です。

 この時代に心がける必要なことが、大きく分けて2つあると、私は考えています。
 1つは、「自分がぶれないよう、心がけること」
 色々なことが起きれば、誰だって心が揺さぶられます。へこたれることもあるでしょうし、弱音を吐きたくなることもあるでしょう。
 でも「それそのものは、全然構わない」──私はそう思います。「弱音を吐いている」「自分が弱気になっている」そう気づけば、自ずとまた元気になれるものですから。

 私だって、多々弱音を吐きます。特に今年に入ってからは弱音を吐くことが多くなっていますが(苦笑)「今はそういう時期なのだ」と受け止めるだけで、気がつくとまた元気を回復していたりします。
 弱音を吐くこと自体が悪いのではなく、「気持ちが弱くなった時に、どう対処すればいいかを『自分で分かっていること』」こそが大切だと、私は考えています。

 問題は……「ぶれてしまうこと」そのものだと思います。
 何故、ぶれてしまうのか──それは、感情が主体となってしまっているからだと私は感じています。
 例えば──これを今読んでいるあなたが、いつもとは違った通勤路(学生であれば通学路)を取ったがために「事故」にあってしまったとしましょう。負傷し、救急車が来る間──どんなふうに思うでしょうか?

「何て運が悪いんだろう! ……ああ、気まぐれにいつもと違う道を行かなければ、こんなことにならなかったのに!」

 そう感じるか、或いは──

「ラッキー! 診断書取れれば、正式に会社(学校)休めるじゃん。痛い思いしてるけど、ゆっくり休むいい機会を得られたなぁ」

 そう感じるか。
 前者は「神に見放された」と感じるかもしれないし、後者は「神様、ありがとう」と感じるかもしれません。
 さて──どちらが「ぶれていない」と、思いますか? 



 答えは……「どちらも不正解」です。
 両方とも、感情が現象をジャッジしているからです。俗に言う「悲観的(後ろ向き=ネガティブ)な捉え方」は前者で、後者は「楽観的(前向き=ポジティブ)」と言えるかもしれません。
 一時期は「ポジティブシンキングが大切」とか色々と言われた時期もありましたが──時代はもう「そこを通り過ぎています」。
 要するに、現象そのものを「ただ受け入れる」ことが求められているからです。
 事故は、一見「悲惨」或いは(自分が受けたのであれば)「辛い」「絶望」といったキーワードが並びますが、実際に「事故そのもの」には「良いも悪いも『ない』」のです。あくまでも「現象」でしかありません。

 もちろん──そんなこと、人間としては無理ですよね?(私だって無理です。)
 誰だって、痛ましい事故を見れば涙するし、世界で起きている紛争や戦争──飢餓で死んでいく子供の姿を見て涙するのはごくごく当然のことです。むしろ、そこに「まったく心を乱されない」なんて人がいたとしたら……無理をして嘘をついているか、或いは「最初から心のない人」なのでしょう。

 「現象は『ただ起きている』だけで、自分がそのことに対してどう感じているのか」
 そう見つめることこそが、「ぶれないで済む」ことの一番の近道だと、私は感じています。

 私はいつでも、心を痛めています。
 いまやヨーロッパで大規模なテロが起き、異常気象で自然が苦しみ、地球全体が悲鳴をあげている時に、どうやって心を痛めずにいられるでしょう?
 未だに解決しないいじめ問題──理不尽な殺人。どうやって哀しまずにいられるでしょう?

 哀しむこと、嘆くこと自体は「決して悪いことではない」のです。
 ただ、「そういう感情を抱いている自分」に気づき、そして、「では今、自分はどう行動すればいいのか」──ここに行き着けば、何の問題もないはずです。
 
 何度かこのブログにも書いたように、海が嵐でどんなに荒れていても──深海はとても穏やかであるのと同じように、どんなに時代の嵐が吹き荒れても、自分の奥深くにある意識は必ず「穏やかなはず」なのです。
 そこに立ち返るように意識していれば、自ずと「穏やかな自分」に立ち返ることが出来、再び日が昇る頃には、また元気な自分へと戻れているはずです。

 そして、「ぶれてしまうこと」と同じく──もうひとつ、問題な行為。
 それは、「共依存」です。
 私は以前から、安易なチャネリングやヒーリング行為に対して警告を発してきました。そして今の時代となっては──ものすごく「多くの人が、想念を敏感に感じ取るようになっている」のを実感します。
 よく「シンクロが多発している」などといいますよね? これは、多くの人の感受性が(無自覚に)開花していることの象徴とも言えるでしょう。

 しかし、ここでも何度か書きましたが──そうした霊性の開花と人格の向上は、必ずや一致していなければ「おかしい」のです。
 今の時代に起きている現象は、霊性と掛け離れたところでどんどん想念が鋭くなっているという現象です。
 いえ──。誤解を招く危険を承知で書いてしまうと、肥大化したエゴを、想念に乗せてあちこちに流してしまっているケースも少なくないと私は感じています。
 皆さん、これだけ「社会が何だかおかしくなっている」「おかしな行動を起こす人が増えている」と感じる理由の背景には、幽界の消滅による低次霊の影響だけでなく、この世に存在している人達の想念の影響力の方が「よほど大きい」ということをご存知でしょうか?
 こうした時代において、一斉ヒーリング、遠隔ヒーリングは「危険極まりない」のです。
 もし、「どうしても受けたい」という方がいるのでしたら、止めはしません。でも、まずこれだけは考えて欲しいのです。

 一斉ヒーリングをしようとしている方は、マザー・テレサやキング牧師、ガンジー並の慈愛の持ち主ですか?
 その人は完全に三次元システムから解き放たれ、何の悩みもなく、お金や人間関係などのしがらみ、すべてから解き放たれている人でしょうか?


 この二つの問いのどちらかひとつでも当てはまらないのであれば、一斉ヒーリングに参加すべきではありません。発信者の「カルマ」を、無意識に受けることになる危険もあるからです。
 想念ひとつも、決して馬鹿にはならないのです。特に、こういった時代は。
 想念は(何故か不思議なぐらい)「同じレベルの存在」を引き寄せあいます。要するに、(全然無関係で、初めての者同士なのに)「同じ問題、同じ課題を抱えている人達を呼び込みやすい」のです(まぁ、霊的に考えたらごくごく当たり前のことですね。液体の中に油を入れた時、油は油と一緒になってしまうのと同じことです)。
 そうした場合、共鳴を通り越して想念のハウリングのような状態が起きると私は感じています。想念というのは(どんなに相手が目の前にいなくても)その相手を考えただけで相手と繋がりあってしまい、互いに影響しあう程の重大なエネルギーなのです。

 皆さんも、一度は目にしたことがあるかと思います。「たったひとつの書き込みで、ブログや掲示板が炎上してしまうこと」があるということを。
 それほどまでに、想念というのは「発火しやすい」のです。自分の霊性が「他からの火で引火しないぐらい確立している」のであれば、問題はありませんが──それが、心がけることの「もうひとつ」。

 「独立個人」

 これこそが、心がける必要のある「ふたつめ」です。
 エハンさんが長いこと叫び続けている言葉ではありますが、2012年の今になっても尚、確立していないのを感じています。
 独立個人というのは、決して「自分勝手になること」ではありません。独立していなければ、他者と繋がりあうことも出来ないからです。
 分かりやすい例をあげるとすれば──それは細胞でしょう。
 細胞は1個1個細胞膜に覆われていて、それひとつが「確立」しています。
 そして、確立している「からこそ」、多種の細胞が集まって互いに連携し、組織となって臓器としての働きが保てるのです。
 でも、細胞が「1個確立しているから」といって、1個の細胞だけでは意味がないことは、皆さんもご存知のとおりです。

 1個の細胞が確立しているからこそ、他の細胞と協力しあって生命を営めるのです。

 人間も同じことです。
 ここでいう独立は「経済的」といった三次元レベルのことではなく、霊性の確立です。
 そしてその確立は、冒頭にかいた「ぶれない」ということにも繋がるのです。

 一斉ヒーリングなどは、霊性が確立した「その瞬間」に、「ああ、何だ。まったく意味がなかったんだな」と気づくでしょう。
 何故なら──霊性が確立した瞬間に、私たちの霊性はすべてが繋がっていて、すべてが宇宙の一部であることに気づけるからです。

 本当に大切なことは、自分のその「源(深海)」に、いつでもどこでも立ち返ること──そのことだけで充分なのだと、私には思えます。



●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  


【7月15日 第二章・第三章公開しました】
sora_open_banner.jpg
↑のバナーからお入りください。

bunner072801.jpg

wearetheearth_468x60_ja.gif
「地球の明るい未来」を願う人達を繋ぐ、検索エンジン型同盟サイト◆※ブログやサイトを持っている方で「同盟主旨」をきちんと理解しバナー表示をして下さった方は、URLをご記入の上、メッセージフォームからご連絡ください。

◆mixiでも記事を更新しています(mixiで書いた内容は、ブログにての公開はありません)。◆
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36352495&level=4
記事公開は「マイミク限定」とさせて頂きますので、興味のある方はマイミク申請頂けますと幸いです。


☆篠崎の看護系ブログ
Spiritual nursing http://nursing2012.blog.fc2.com/

banner2.jpg
3月31日、第十一章(1)公開。最終章は4月14日公開予定です。※あともうしばらくお待ちください;

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー 
2012-07-15 | 真理 | トラックバック(0) |

『影』の次元

 ここ数週間の間に、世間では色々大きな変革が起こっていたようですね。太陽の動きも、もう1週間にも渡って「Mクラスフレア」が起きており、もはや「タイムリミット」──いえ、「時代の変革が幕開けしている」ことを示唆しているように、私には感じています。

 時代の動きは「望ましいもの」もありますが、私には「一見望ましい変化と思わせながらも、実は多くの罠が含まれているものも一部ある」というふうに感じています。
 もちろん、どういった変革への働きかけをしていくかは個々人の選択の自由ですし、そうした活動や選択肢がある以上、それらも「すべては必要な過程なのだ」と捉えることが出来ますので、私は特にここで言及するつもりはありません。
 ただ、ひとつだけ明確に言えることは、ここで何度も述べていますように今の時代に必要なことは「すでに伝えられた情報を復習し血肉化して、現実世界にて実践すること」にあり、多くの情報や(一部の)流言に翻弄されてしまうことでは「ない」と私は感じています(そうした時代はもはや通り過ぎた──そう感じていますので)。
 私たちは「頭と胸」にある2つの脳を活性化させるべく、心眼を開くために行う行動ひとつひとつの意味や真意と向きあう必要性があるのでしょう。外側にある情報ばかりでなく、私たちの内側から生じる呼び掛けに耳を傾け、目の前で起きている現象が宇宙の流れに沿っているのか、いないのか──その見極めをしていく必要があるのだと、私は感じています。

 そのため、私はここ最近ではネットや書籍などの情報よりも、こころの内側から生じた閃きを大切にするようにしています。
 今という時代──多くの人が、いろいろな不満やフラストレーションを抱えているとお察しします。原発再稼働の問題も然り、日本の政治の問題も然り──「一体、夜明けはいつ見えてくるのだろう?」そんな不安を抱いている人も、大勢いると思います。

 でも、「だからこそ」!
 あなたの霊性が、今起きている現象に対して、どのように感じているのかと向き合う必要性がある──私はそう思います。
 ここで何度も例としてあげてきたことですが、私たちをで喩えてみましょう。社会の動き、時代の風潮、それらは「天候」とイコールです。変革が近づいて社会に動きが起こり、さまざまな現象が起きたことから「時化(シケ=嵐)のような状態」に陥っています。それにあわせて、海の表層部の波も荒れ、大波になったり片時も穏やかになることなく、荒れ続けてしまっているのが「今」という時代です。

 外側の情報──ネットなどで情報をどんなに得ても、それは「天候のひとつ」に他なりません。
 大切なのは、深海の意識とつながることです。
 どんなに表層的に波が荒れていても──どんなに天候(社会現象や、巷の情報)で波が安定することがなかったとしても、深海はいつだって「穏やか」です。
 「冷静にならないと、本当の真実は見えてこない」──それはいつ何時にでも活かせる、永遠の法則性と言えることかもしれません。

 今の時代、より多くの情報を得ようとすることよりも、この深海の意識に立ち返ることが大切だと、私は思っています。
 そして深海の意識に立ち返れば、「より多くの情報が、内側から泉のように湧き出て来ます」。
 外側の情報ではなく内側から湧き出た情報は、今の自分が求めている「答えそのもの」なはずです。
 答えは「常に自分の中にある」──その視点を忘れずにいることで、どんなに社会が混乱しようとも、常に冷静な視点が保て──かつ、この次元を超えた気づきを与えてもらうことが出来る、私はそう確信しています。


 さて、少し話は逸れるのですが──。
 今日、私は学校に行く途中の道を歩いていて「影」の存在に疑問を抱きました。

 影──。ここでいう影は、何の示唆も含まれていない、文字通り──物理的な「影」です。
 太陽が天空にあれば、あなたの足下からアスファルトへと伸びる、あの普通の「影」です。

 今日、学校へ向かう途中、私は周囲にあるものに意識を向けながら歩いていました。
 この次元にあるものすべては、例外なく「素粒子」が存在しています。
 分子や原子──電子の動きやその数は、元素によって大きく異なりますが、そこには「すべての法則性が含まれている」と言っても過言ではありません。
 生物であれば、すべてにおいて「DNA」が存在します。それは、その生物がこの次元に存在するための「プログラム」と言えるでしょう。生物ではない鉱物などの「人工物」にとっても、その内部には必ずや法則性があります。無秩序な状態で、物質は形を留めることは出来ないからです。
 いわば「映画マトリックス」に出てくる、プログラム言語がすべての事物に書かれている状態と言っても過言ではないでしょう。
 また、私たちは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という「五感」を使って森羅万象を把握していますが、この感覚機能さえも「プログラムされています」。
 三次元におけるもの──すべては「プログラムによって成り立っている」──そう言い切ることだって出来る程でしょう。

 なのですが──。
 この「法則性に、ただひとつだけ囚われていないもの」があります。
 それが「影」です。
 影は、光が当たることによって、ごくごく当たり前にそこに存在します。
 私がそのことを考えている最中、私の背中から当たる太陽光によって、足下から前方にかけて「影」が伸びていました。私の外観を形取った、黒い影。私の肉体が光を遮ることによって生じた存在。

 影だけは──この次元において「何の法則性にも囚われていない」のです。
 勿論、影には自由意志がないですし、影が「私はこんなヤツの形を象るなんて嫌だ。私はこんな形になりたい」といって形を変えることはありません。
 影は「『光』が、私たちの肉体(或いは物体)を通じて生じた『闇』の部分」だけでしかなく、それ以上の影響はありません。影は「影」のまま、二次元(平面)の次元をそのまま移動していくだけです。影をつくる本体から切り離されることもなければ、本体を無視して勝手気ままな行動が出来るわけでもありません。

 では、その「影」が生じたところに、三次元の物質的な変化というのが何らかでも生じるでしょうか?
 いえ──それもありません。
 例えば私が道に立ったとして──私の前に私の影が映っていたとしても、その影が映っている部分のアスファルトに何の影響もありません。影があたることでアスファルトの粒子が変化するとか、配列が変わるとか──そんなこともありません。唯一影響あるのが「気温」ぐらいなもので、木陰の温度が「少し下がる」ということは、誰しもがご存知の通りです。そうした「目に見えない気温の変化」はありますが、でも、その変化だって気温の法則性が変化したわけではありません(気温は変化するのが秩序とも言えるからです)。

 この「影」という存在──。私は考えれば考える程、「この次元とは切り離された存在」のように思えました。
 影は、どんなに望んだところで(って、そもそも自由意志がないので望むことはありませんが)三次元になることはありません。(階段などにたって影がでこぼこに見えることはありますが、それは影が立体的になったのではなく、階段という物質に対し二次元的に反応しただけの話です。)

 私はこの「本体の次元」と「影」の関係性が、「高次元と三次元の関係性に、とても似ている」ように思ったのです。
 宇宙(高次元も含めたユニバース)は常に分離と進化を繰り返しており、この三次元も「光(高次元)」から分離した──と言われています。
 確かに、高次元と今の段階では分断されているので、「分離した」というのは妥当かもしれません。
 そして、その分離は──あたかも光から影(闇)が生じるのと同じ仕組みなのかもしれない──そんなふうに感じています。
 だとしたら──私たちは「高次元から生じた影」である以上、「闇の勢力が勢いづいてしまう」のも、あながち仕方ないことなのかもしれません(影が闇を生じるのは、ごくごく自然のことなので)。

 もしこの仮説が正しくて──私たちの次元が誕生した経緯が、「光から分離した影」のようなものであるなら──私たちがアセンションに近づくためには影である「闇」に意識を向けすぎることなく、「私たちを生み出した光」こそに意識を向けるべきなのかもしれません
 例えば──私の足下の影に意志があったとして、「私も、本体のように立体的な世界に生きたい」と願った場合、どんなに他の影に意識を向けても同じ土俵の上を掻き回しているだけに過ぎず、何の解決にもならないでしょう。
 しかし、「立体的な世界というのが、どういうものなのか。どんな仕組みなのか」に意識を向ければ、影という次元からその存在は開放されるかもしれません。

 地球が「光の次元の影(高次元の影)」であり、私たち人類が「光の存在達の影」であるなら、私たちも光の存在と「決して無関係ではない」はずです。
 外部にある情報に右往左往するよりも、そうした自分の(光の)本質に立ち返り──光の意識(深海の意識)と常に繋がった状態で世間を冷静に見つめながら「今、自分に出来ること」に最善を尽くす。
 それが「アセンションに通じる鍵なのではないか」──私はそんなふうに考えています。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  


【お知らせ】
※7月28日土曜日に、エハンさんの講演会があります。
bunner072801.jpg

内容は「アイスランドで学んだこととこれからの日本の可能性」「ニュースにならない2012年とニュースで再確認出来たこと」「ペルーとイスラエルと日本の関係性と2012年の展開」「今年のミステリーサークルから学んだ意味と2012年の関係」「RV(遠隔透視)と地球外生命体とのコンタクト:火星からのリポート」「2012年関連のためになる映画紹介」「これからの出来事を受け入れる意識、その挑戦と現実的課題」です。
 とても興味深い内容です。光栄にもご招待頂いたので、ぜひ参加したかったのですが……その日は学校の文化祭で……orz。残念ながら、参加出来ません……。
 興味のある方はぜひ、バナーのリンク先で詳細をご確認ください。


【7月8日公開しました!】
CAO15K8V.jpg
↑のバナーからお入りください。

wearetheearth_468x60_ja.gif
「地球の明るい未来」を願う人達を繋ぐ、検索エンジン型同盟サイト◆※ブログやサイトを持っている方で「同盟主旨」をきちんと理解しバナー表示をして下さった方は、URLをご記入の上、メッセージフォームからご連絡ください。

◆mixiでも記事を更新しています(mixiで書いた内容は、ブログにての公開はありません)。◆
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36352495&level=4
記事公開は「マイミク限定」とさせて頂きますので、興味のある方はマイミク申請頂けますと幸いです。


☆篠崎の看護系ブログ
Spiritual nursing http://nursing2012.blog.fc2.com/

banner2.jpg
3月31日、第十一章(1)公開。最終章は4月14日公開予定です。※あともうしばらくお待ちください;

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー     
2012-07-06 | 次元 | トラックバック(1) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード