天界の音楽

 今日は仕事があまりに溜まりすぎたので(汗)ブログをお休みするつもりでしたが──どうしても書きたくなったことがあったので、皆様にご紹介します。

 YOU are EARTHにスタッフとしてご協力頂いている方に、ヴァイオリンを弾かれる方がいらっしゃいます。
 オーケストラなどにも参加されているので、本格的なクラシックを長年されているような方です。
 その方とお話をしていたら……諦めたはずの「かつての夢」が再び頭をもたげ、激しく心を揺さぶるようになってしまい、その頃のことをついつい思い出してしまっていました(笑)。

 篠崎は十代から二十代前半にかけて、音楽に命を賭けていました。
 ピアノは子供の頃からやっていましたが・・・・・・クラシックピアノには致命的なことに、私は手が小さい上に「指が短い」んですよね(苦笑)。
 オクターブでさえも届くのがやっとで、和音を急いで弾こうとするとオクターブが届かなくなることさえありました。

 そんな致命的な欠点から私はクラシックピアノを断念せざるを得なくなり、「作曲」の方へと意識を向けました。
 当時はまだポップスが主流だったので、ピアノ弾き語りなどをしながら(作詞・作曲をしていました)ライブなどもしていたのです。
 でも、本当にやりたいのは楽曲だったり、純粋な作曲でした。その為に音楽理論を学んだり、当時通っていた音楽学校の「特待生」ということで、アメリカに一ヶ月間留学したりもしていたのです。

 私が留学していたのは、カリフォルニア──学校はロサンゼルスにありました。
 私以外にも三名の留学生がいて、お世話役兼通訳の方が、毎日私達を学校まで送り迎えしてくれていたのです(個人レッスンだったので、通訳はひとり必ずつきました)。

 当時、私は19歳でしたが──その頃の私は、社会のすべてを憎んでいる、いわば「怒りの塊」でした。
 でも、本当に憎んでいたのは社会ではなく、「自分自身に」だったのかもしれません。どことなく伏し目がちで、何かに対して怒りを表すかのように、いつでも口を閉じていました。
 当時の私は、つきあっていた男性と親友の両者に、裏切りに近い行為をされた直後でした。いえ──本当は当人同士に「裏切り」の気持ちはなかったのでしょうが・・・・・・当時の私はそう受け取っていたのです。
 ──誰も、信用出来ない。
 それが、私の心に巣くっている怒りの原動力でした。
 日本もバブル真っ盛りで、人のこころの価値を歌う音楽よりも、恋愛や軽いノリの音楽がもてはやされていた時代でした。
 そんな社会にも私は馴染めず、かといって自分が最も求める「こころや精神の価値」は蔑ろにされていて、何に感情をはき出せばいいのか分からないような状態だったのです。

 そんな私にとって、音楽は本当に「命そのもの」でした。

 私はピアノ曲がメインでしたが、ピアノを弾いて歌っていると──本当に自分がその場からいなくなって、どこか違う世界に行っているかのような感覚を味わうことが多々ありました。
 ピアノと向き合っている時だけが、「生きている時間」──そして、それ以外は私にとって「死んでいる時間」でした。

 そんなある日のこと。
 とてつもなく「大きな転機」が──私に訪れたのでした。

 私達がホームステイしていたのは、カリフォルニアの片田舎でした。山奥で隣家まで行くのに10分は歩くぐらいの、とても静かな場所だったのです。
 私はもともと都会が大嫌いな人なので、こうした自然溢れる環境がホームステイ先というのもすごく幸せでした。思う存分ピアノを弾いて、全身で歌っても、苦情なんて来ませんもの(笑)。勿論、防音設備なんかありません。する必要がないので(笑)。

 私にとって、生まれて初めて「最も幸福」といえる時間を過ごしていた──そんなある夕方のことでした。
 私がいつものようにピアノを弾いていると、何か違和感を感じたのです。
 顔をあげると、外が「真っ赤」に染まっていました。
 何事かと思って飛び出したところ──見事な夕焼け
 世界に存在するすべて、あらゆるものが朱色のヴェールに包まれたかのような、そんな感じです。私の目に赤色のセルロイドでもまとわりついたかと思うぐらい、すべてが朱と金色に彩られていたのでした。

 私は絶句して、その場に立ちつくしました。
 こんな美しい光景を見たのは、生まれて初めてだったからです。

 私は何かに呼ばれるようにして、そのまま夕焼けの中を歩いていきました。しばらくすると大きなポプラの樹があったので、その下に腰を下ろし、ただただ呆然と朱から紅へ、そして淡い紫へとグラデーションに変化していく空の様相を眺めていました。
 
 すると、その時──。

 どこからともなく、「メロディ」が聞こえたのです。
 とても美しいメロディでした。心の安まる、暖かな音色。ストリングスのようにも思えましたが、ちょっと違うような気もします。
「誰か友達が練習しているのかな?」
 そう思ったのですが──耳を澄ますと、聞こえないのです。
 気のせいかと思い、再び私は意識を夕焼けに向けました。
 するとまた、聴こえてきたのです。

 もしかしてこれは・・・・・・この世の音楽ではないのかもしれない。

 何の抵抗もなく、そんな考えが浮かびました。
 そんなことが起こってもおかしくないぐらい、その夕焼けが美しかったからです。その夕焼けこそが、この世のものとは思えないなら、この世のものとも思えない音楽が聞こえても不思議はない──そう思ったのです。

 だから私は、五感を使うことなく、心でそのメロディを聴こうと思いました。
 再びポプラの樹にもたれ、夕焼けを眺めながら──心でメロディを聴いた・・・・・・

 ──その時でした。

 パリ────ン!と、私の中で何かが「割れる」感覚がしました。
 一瞬で私は意識を覚まし、飛び起きるように体を起こしたところ──世界のすべてが一瞬にして凝縮し、ポーンと私の心の中に飛び込んできて、瞬時にぶわっっと広がったような感覚に襲われたのです。
 何が起きたのか、説明はつきません。
 ただ、その場にあったのは「途方もない感動」でした。

 ──ひとりじゃないよ。

 そんなふうに呼びかけられたように思いました。
 私は気がついたら、ボロボロ涙をこぼしていました。泣いている自覚もなく、ただただ涙が溢れていたのです。
 その時私は、生まれて初めて「生命の神秘」を感じ取ったのです──。
 
 陳腐な言葉や表現で、あの体験は語り尽くせません。
 ただ、ひとつだけ明確なのは、あの体験がなければ、今の私は存在しなかったということだけです。
 すべてを憎んでいた私は、その日を境にいなくなりました。留学から帰った後、みんなが私の変化に驚いたぐらいです。

 あの時聞こえていたメロディーが何だったのか──私には分かりません。
 でも、あれだけ美しい夕焼けと美しいメロディは、この世に存在しない。きっと「天界の音楽」だったんだろうな──そんなふうに思っています(笑)。


※お知らせ※
公開鑑定、結局週末中に間に合いませんでした(涙)。今週末までお待ち下さい──。楽しみにして下さっている方々にはご迷惑をおかけしていて、本当に申し訳ございません・・・・・・。


●多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。ひとりでも多くの方に「人類の意識改革」に向き合って頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ  



◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************    
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード