自分の思っていることは、必ずしも相手が望んでいることではない。

 篠崎は現在、身内間で起きたトラブルにより、「両者の言い分」というのを聞く──いわば調停役みたいな立場に立っています。
 こういう立場にいると、本当に色々なことが見えてくると言うか──如何に人は、自分のフィルターを『真実』と思いこんでいるかが実感出来ます。

 喩えて言えば──ある人のフィルターは「情が基盤」だとします。
 愛や想いを言葉にしなくても、その行動、態度、すべての中にその人は「情」を見るわけです。何故なら、その人のフィルターは最初から「情」から出来ているから、思考するよりも先にフィルターが「情」におけるふるいをかけるからです。
 しかし、もうひとりの人のフィルターは「如何に自分が楽出来るか」だとします。
 そうすると、相手の行動、態度、そういったものから「相手の情」をふるいわけることがなくなります。逆に「言葉」ではっきり伝えられない限り、その人には「届かない」ことになってしまうのです(まぁ、最初から「自分が楽出来るか」というフィルターが最初にあると、どんなに言葉で伝えたところで、それは必ず「自分にとってメリットか、デメリットか」にしか変換されない為、無意味と言えば無意味なのですが──)

 世の中のもめ事の多くは、すべてこうした人それぞれに、フィルターがあるのだということが誤解されているところから生じている──そんなふうに思います。
 例えば、私がAさんを「かくかくしかじか、こういう人だ」と思った時、その時点ですでに私のフィルターを通じて見ています。Aさんの本質を、私は見ているわけではないのです。
 だからこそ私は、自分だけの意見で「○さんって、こういう人ね!」と決めつけたくはありません。それは、私自身の「フィルター(思いこみ)」でしかない場合もあるからです。
 だから、私は何かを判断する場合、あらゆる角度でそれを調べ──同時に、他の人の意見も参考にするようにしています。

 直感──というのは、そうしたフィルターが「いっさいかけられてない、純粋な閃き」ですが、それが本当にフィルターがかかっているか否かは・・・・・・誰にも分からない、そう思います。
 その直感を「信じるか否か」は自分でしかないし、誰にも判断出来るものではない。ただ、「出来るだけ、自分のフィルターは透明にするよう努力したい」・・・・・・いつもそう、私は思っています。

 話が少し逸れましたが。
 身近にある問題は然り、国の問題は然り、すべてがこうした「個々人のフィルター」によって行き違い、誤解、そうした諸問題を起こしているのだろう──そんな気がしてならない昨今です。
 また、これは厄介なことに、国が違うと「言語の違い」というフィルターまでかかってしまう。そうすると、二重・三重・四重にもフィルターが出来てしまうので、価値観の相違、行き違い、けんか、もめ事──これらが続発しても「無理はないのかもしれない」、そんなふうにも思えてしまいます。

 戦争をなくそうと叫ぶのは簡単ですが──確かに、それを「なくす」為のフィルター除去は、とても大変なんだということを、痛感することも多いです。

 でも──。
 そうしたフィルターは、実は「こころの外側の部分」にあって──本当の核・・・・・・もっとも中枢にある「想い」は、実はみな、大差がないのではないかそうも思うのです。
 それこそが、私が先日書いた「YOU are EARTHの活動意義」にもあるような、少しずつでも、人は意識改革がされているということに繋がります。
 もし、そうした「ひとつの正しい真理」が存在せず、みんながみんな個々バラバラに生きているのが真理ならば──未だに世界のどこかでは残酷な処刑がなされ、あり得ないような生け贄があり、私達が想像出来ないような憎悪に満ちた国があっておかしくない。
 でも、今の世界に「そういうところはほとんどない」ことが、私達が、ひとつの真理に導かれつつある証拠なのかもしれない──そうも思うのです。

 身近のもめ事を見ていて、あまりにも平行線のやりとりを眺めていると──「身近な人間同士がこの状態では、確かに国家間の問題を片付けるなんて難しいよなぁ」なんて、思わず苦笑したくなることがあります。
 しかし、「今、すぐ」という目で見ずにいれば──どんな問題も、必ず解決するのかもしれない。
 私は、この問題の当事者に、「すべては、互いのフィルターの違いが問題なんだ。もう少し、相手のフィルターを意識してはどうか?」という話などもしました。
 人はどうしても、「私がこう思っているんだから、相手もそう思っているに違いない!」そんなふうに思ってしまいがちですが──そうではないです。
 相手には相手のフィルターがあり、自分が思っているからといって「必ずしも相手がそうとは限らない」──。
 そういう「小さな気づき」から、私達は学び始める必要があるのだろうな──そんなふうに思う今日この頃です。



●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。ひとりでも多くの方に「人類の意識改革」に向き合って頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ  

※お知らせ※
公開鑑定、なかなか進まず、申しわけありません──




◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー
◆現在、「営業スタッフ」募集中です! 詳しくは「こちら」◆ 
2010-02-17 | 真理 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード