情報に踊らされないよう、自己判断力を鍛えるべし

どこに消えた「新型インフルエンザ」
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02044713/1.htm

 「YOU are EARTH」機関誌第一号、エハンさんの取材の中で、同じようにこの「インフルエンザ」の件が触れられています。取材時は10月31日。まだまだ「インフルエンザ過熱報道」が続く中でのことでした。(詳しくは、取材記事「2012年に向けての心構え」にて。)
 この記事をお読み頂くと分かるように、どんな仕掛けをしても、見抜かれるのが早くなっているのは確かだと思います。私自身、上記の記事を見つけた時「うわ、早いな。もう記事になってる」と驚いたぐらいですから。

 少しずつ、人々は「何が正しくて、何が間違っているのか」感じ取るようになってきているのだと、そう思えます。
 どんなに人々を惑わすつもりで何か操作したところで、みんなどこかで「違和感」を持っている──。「何か変だ、本当にこれはそうなのだろうか?」「そこまで何故、過敏になるのだろう──」そんなふうに、疑問を持っている人達が少なからず存在する──これは、今までの社会の流れとは明らかに何かが変わりつつある証拠なのではないかと、そんなふうにも思います。
 少なくとも、私の周囲(哲学にも精神世界にも興味がない、一般的人々)でも「インフルエンザ、インフルエンザって騒いでいるけれど、どう考えたって流感と大差ないじゃん。いくら死者が出ているとはいえ、ちょっと大袈裟すぎじゃない?」と冷ややかな目で見る人達が複数いました。確かに東京では多くの人達がマスク姿で行き交ってはいましたが、せっぱ詰まるものは何も感じない──といった印象でした。
 でも、いざちょっとでも風邪を引くと会社側の方が過敏になり、発熱している──なんて話をしようものなら、その場で「隔離されそう」な勢いだったところもあったそうです(笑)。有給があるなら、ある意味それは「いい休暇どころ」って感じなのかもしれませんが、有給がない人にとっては迷惑な話ですよね。

 冒頭の記事が指摘しているように、桝添厚労相の慌てぶりは私も目にしていました。「ちょっと演技がかっている(国民の身を案じるいい人、的な)」という穿った見方までしてしまいましたが、勿論彼だけの責任ではないでしょう。結局は冷静に対処出来るか出来ないかという、個々人の判断力にかかってくるのですから。

 これから先も、こうしたことは多々起こってくるような気がします。
 今回はインフルエンザでしたが、違った形、違った様相で、またもや何かが押し寄せてくるかもしれない──。
 そうした時、私達はあくまでも冷静に、自分自身の力でその情報と対峙することが必要となってくるでしょう。宛てに出来るのはマスコミでもネットでもなく、「自分の直感」。自分の判断力に、頼るしかない。そうでないと、外部の情報では「踊らされてしまう危険」があるからです。(勿論、私も「正しいことを言っている」とは限りませんよ((笑))。ここからすでに、「みなさんの判断力訓練」はスタートしています。)

 どんな状況におかれたとしても、私達は自分を取り乱すことなく、「冷静に情報と向き合う必要性」があるのでしょう。
 そうすれば、私達はどんな危機的状況におかれたとしても、そこに翻弄されることなく、自分自身でその危機を乗り越えて行けるのかも知れない。

 今から10年以上前に起きた(スイスかフランスか、ちょっと失念しましたが)スキーゲレンデに向かうトンネル内での火災。
 あの時人々は、下からもうもうと上がる煙に恐れをなして、みんな頂上を目指して逃げたそうです。しかし、上を目指して逃げた人達はほとんどが焼死し、一部、その中でも勇敢に火をかいくぐって「下」へと逃げた少数の人達だけが生き残ったそうです。
「火は上に昇っていく。下った方が危険は少ない」
 燃えさかる火と人々の絶叫、そんな危機的場面で、そこまで冷静に考えられる人はそうそう多くないでしょう。ほとんどの人が上に向かって走っていく中、彼らは「自分達の判断」を信じて、火に向かって下に降りる決断をしたのです。

 私達に必要な姿勢は、周囲の状況に押し流されてしまうことではなく──あくまでも自分の直感と判断を信じる、これに尽きるのかもしれません。


***お知らせ***

 本日、YOU are EARTH教育部門にて、食育ブログが公開されました。

banner

 「食育? 篠崎ブログと、色が違う」──などと、思わないでくださいね。
 ブロガーである古雅さんは小さな子を二人育てるお母さんですが、視点がとても鋭く、社会的な視野も持たれている方です。こちらの食育に関する記事をお読み頂ければ、「色が違うだけで、篠崎と本質は似ている」ということが、お分かり頂けると思われます。
 古雅さんのブログでは、「レシピ」や「栄養に関する豆知識」を中心に、週三日(月水金)更新されます。レシピも、とても美味しそうなものが集まっていますので、是非(男性の方は是非、奥さんか彼女に──ご自分で、でもいいですが)作ってみてくださいね(笑)。

***************


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。ひとりでも多くの方に「人類の意識改革」に向き合って頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ  

※お知らせ※
公開鑑定、なかなか進まず、申しわけありません──




◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー
◆現在、「営業スタッフ」募集中です! 詳しくは「こちら」◆ 
2010-02-22 | 社会 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード