フィルターを外す努力の必要性

 人という存在は、どうしたところで自分の偏見や思いこみで物事を見てしまいがちです。(参照:「自分の思っていることは、必ずしも相手の望んでいることではない」)
 心のフィルターは、まるでコンタクトレンズのようにべったり瞳にくっついているので、自分ではなかなか気づきようのないものでしょう。しかし、こうしたフィルターを外す努力をしない限り、人は、本当の閃きと出会えないのではないか──そんなふうに感じることが、ままあります。

 どんなに「自分は自然体である」と言う人でも、実際は様々なフィルターを纏っていたりします。自分は自然体だと思う前に、「果たして本当に、そうなのだろうか?」と自分を謙虚に疑う姿勢も必要なのかもしれない──私はそんなふうに、常々感じています。
 「閃き」という言葉が世の中にはよく使われていますが、フィルターを取り除いていない限り、それは純粋な閃きとは言えない──そう思います。往々にして思いこみだったり偏見だったり、或いは「無意識に場の空気を読み込んで、ただ単に反応しただけ」だったりもするでしょう。そこを見抜かないと、人は大きな袋小路にはまってしまいかねない。それどころか、誰か他の人を無意味に傷つけるだけになってしまうかもしれない──。

 もっとも怖いフィルターは、「周囲の風評」というフィルターです。このフィルターは人が無意識に持っているもので、しかも、それに気づかない人が多い。
 とくに、日本の場合は顕著かもしれない。考察することなく情報を鵜呑みにするので、相手の本意がどういうものであるか、また、そうした状況下で相手がどういった心情になるかの配慮を欠く人が多い傾向も感じます。
 おそらく、こうした問題の背景には「相手の本意なんて関係ない。まずは自分の保身だ」という心理が働くのでしょうね。

 でも、本当にそれでいいのでしょうか。

 この世に生きる以上、見えないところで誰かを傷つけたとしても「自分が平穏であればいい」──そう思う人は少なくないでしょう。
 しかし、本来はどこにでも目があります。いえ、言い方を変えるなら「物質的な目はなくても、霊的な目は存在する」とでも言うのでしょうか。どんなことでも、自分が行ったことであれば──それを自分が自覚していたにせよそうでないにせよ、魂に刻み込まれると、私は思います。「その場しのぎ」で回避したことが、結果的に誰かを傷つけていた場合、そのツケは自ずと魂となってから精算されることになるのだろう──そう思えるのです。
 だったら、私は出来るだけ「魂の純度」に従いたい──そう思います。
 自分を良く見せる為に嘘をついたりするぐらいなら、本音を語って痛い目を見た方がいい。どんな傷でも自分の中にやましいことがないのであれば、必ずや光輝く宝玉となることを、私は実感しているからです。

 そういった生き方を貫こうとするには、この社会は本当に「生き辛い」と思います。
 私は、今の日本社会が理想的とは欠片も思えないし、人類の行為や世界の在り方も問題がある──そう思います。言うなればフィルター中心の社会となっているからこそ、嘘は蔓延るし、裏切りも正当とされるし、「自分の利得」だけで人は動くようになるのだろう──と。

 カヴァーロの本を読んでいると、「地球が何故、このような荒んだ環境となったのか。何故、このような環境にならざるを得なかったか」が分かるような気がしてきます。
 おそらく、そうした原因の一端に「フィルター」というのが、大きく影響しているのでしょう。
 フィルターがあるからこそ、私達の自己判断に委ねられます。そのフィルターを以下に除去した中で自分達が判断を下せるのか──創造主は、その答えを人間に求めているのかもしれませんね。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。ひとりでも多くの方に「人類の意識改革」に向き合って頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ  
 

※イベント当日は、上記のフィルターを「枠」に置き換えた話なども織り交ぜる予定です。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー
◆現在、「営業スタッフ」募集中です! 詳しくは「こちら」◆   
2010-02-25 | 真理 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード