この世に戦争がある理由

 篠崎は「映画を観るのが好き」で、しかも気に入った作品を、飽きることなく繰り返し観てしまうというのは何度かこのブログでも書いたとおりですが──最近、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の三作目に再び目覚めてしまい、忙しい中時間をあけては繰り返し観ています。
 私がこの映画ですごく好きな場面は、海賊達が敵を前に心をひとつにして、立ち向かっていく場面です。子供向けの娯楽映画とはいえ、私はこの場面がとても好きで、それで繰り返し観てしまうんですよね(苦笑)。
 今まで数多くの映画を観てきた中で私が感動してしまう場面は、決まってこうした自分達の命を捧げてでも、他者や、信念の為に闘う人々が出てくる場面でした。私はこういう場面を前にするたびに、「何故、戦争というものがあったのだろう」という、その裏背景を考えずにいられなくなるからです。

 この世がすべて、二つの対立概念から成り立っている──というのは、何度か書いてきたとおりです。
 光と闇という根源的な対立──陰と陽という対立こそが、この世を生み出した根本概念だとしたら──一見「闇」だと思えるようなことにも、実は「起こる意味があったのではないか」そんなふうに感じたのです。

 戦争も、ただ生み出す悲劇ばかりではなくて、そこには「戦争が必要だった(学びの為に必要だった)理由」があるのかもしれない──そんなふうに思えたのです。
 そのひとつとして、上記したような「自分達の命を捧げてでも、他者の為に生きようとする学び」。
 私は「自己犠牲」という言葉がとても嫌いです。善を押しつけられている──そんなふうに感じるからです。
 本当に自分達の命を捧げるような勇気を持った人は、最初から自分が犠牲になっているつもりなんか、欠片もないはずです。 犠牲という考え方自体、どこか被害者意識が潜んでいるように思えます。それよりも「自分がやりたいから、そうするんだ」──そういう考えの方が、遙かに自然だと思えるのです。

 人は、本質で「善」を感じ取る能力がある──私はそう思います。
 だからこそ、誰に教えられたわけでもないのに、「何かを守る為に、命を賭けられる」ということに意義を見いだせるのでしょう。
 人はどんなに富を持っていようと、どんなに素晴らしい恋人がいようと、どんなに自慢できる肩書きがあろうと──結局、一番大切なものは「命」です。その根源たるものを捧げられるか否か、ということを問う為には、確かに「戦争」という「学びを含んだもの」が必要だったのではないか、そんなふうに思えたのです。

 とはいえ。
 人類はもう、二つの大きな戦争を経ており──今でもまだ紛争が続いています。
 それどころか、自爆テロのように美徳であるはずの精神を、かえって悪用するようなケースも出てきてしまっています。
 これはもう、「その学びを終える時期」に来ているサインなのかもしれない──そんなふうにも思えます。
 ひとつの学びを終えたら、次の学びへと人は移っていくものです。
 人はどうしたところで、変化をしていく存在。その変化を拒否していては、成長もない。
 私たちは、今までの歴史における「さまざまな課題」を終了させて、新たな第一歩を踏み出さなければならない時期に来ているにも関わらず──そこで足踏みして、ただ地団駄踏んでるだけなのかもしれません。

 この件についてはもう少し掘り下げたいテーマなので、また後日改めて記事にします。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。ひとりでも多くの方に「人類の意識改革」に向き合って頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ  

【予告】
近日中に、エハン・デラヴィさんがネット配信している「2012ルネッサンス」のレポートを紹介します。
エハン・デラヴィのトークイベント、申し込み受付中です。


◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー   
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード