アセンション後・全容についての考察

ここ数日、「アセンション後」について考察していて、いくつかの情報が提示されました。
その前に――まずは、今回のアセンションによって「分かれる方向性」について、以下箇条書きにします。

(1)カルマを解消し、他惑星(他次元)に帰還する魂
(2)次元上昇果たした地球に残り、新たなシステムを構築する魂
(3)まだ解消していないカルマがある為、同じように地球に近い三次元惑星に転生する魂
(4)原始的な木星に転生し、1からやり直す魂
(5)消滅する魂

【参考】浅川嘉富氏 著作本より部分抜粋

他、「大艱難を生きたまま乗り越え、地球はポジティブな人々とネガティブな人々の両者に分断される」という説もあるようですが――私はこれってナンセンスだと思います。
そもそも、ネガティブな人々が残ってしまう時点で、「まったくもって、次元上昇の意味ないじゃん」と。それでは、今まで繰り返し行われてきたアトランティスの滅亡、ノアの洪水、そういった大災害と大差がなくなってしまいます。
「次元上昇」という以上、そこには「三次元とは異なる法則性が入り込むのだ」と考えた方が自然のように思えるのです。

このブログで焦点を絞っているのは「(2)地球で新たなシステムを構築する」というケースです。
このケースに値する魂は、どこに所属することになるのでしょうか? 先日挙げた「コナン・ドイルの霊界通信」から抜粋してみましょう。

――――

【幽界】
(1)邪悪で自己中心的な欲望のみの世界
(2)邪悪性はないが、低級な煩悩から抜けきれない者が集まっている世界
(3)何事も思うがままに叶えられる世界

【霊界】
(1)知的理解の世界
(2)直感的覚りの世界
(3)形体なき存在への準備(神界への準備) ※神界へあがる資質の不足する者は再生する。(フォーカス27)

【神界】
(1)宇宙の進化活動への参加の初期
(2)宇宙的存在としての普遍的な愛の活動
(3)ニルバーナ・涅槃

――――

これで見てお分かり頂けますように、「霊界(3)」の段階でもまだ「転生の必要がある」ということになります。
すなわち――2012年(それが確実にその年かどうかは、断言しかねます。早くなる可能性だって、否定は出来ませんので)の時点で「霊界(3)」に位置している人達は、冒頭に書いた「(3)まだ解消していないカルマがある為、同じように地球に近い三次元惑星に転生する魂」になる可能性が高い、ということです。(勿論、これは本人の自由意志も尊重されることと存じます。しかし、霊体は肉体よりも遙かに謙虚で「自己の学習を最優先する特質がある」ということを、念頭に措いて頂ければと存じます。)

そうなると、地球が次元上昇した際に残る魂のレベルは、自ずと「神界(1)宇宙の進化活動への参加の初期」に値するのではないかと、個人的には感じています。
それを裏付けるかのようにして、あちこちの本では「銀河連盟」が「地球の参加を、心待ちにしている」といった文言が見受けられます。これはまさしく、「地球がそうした『初期段階』に入れることの示唆」なのではないかと、そう感じる次第です。
そうなった場合、教育・政治・福祉、すべてのシステムが「現存する三次元の形とは変わる」ということを、まずは意識する必要性があります。何故なら、「宇宙の進化活動」というのは決して個人の利己的心理では行えるものではなく、「全体の調和」に対する尊重なくして、あり得ないからです。

ちなみに――。
皆さん、冒頭に挙げた「(1)~(5)」の中で、「自分はどこに行きたい」というのがありますか(笑)? 多くの方は(1)を選ばれるのではないか――と思うのですが……中には謙虚な方もいて、(3)や(4)を選ばれる方もいるような気がします。((5)を選んだ方。……早まってはいけません。謙虚にそこを選ばれる時点で、すでに消滅の可能性はないと思われますので――)
ちなみに、私は(こんなブログを開いているぐらいですから((苦笑)))、すでに(2)を選択しています。
確かに、自分に母星があるのであれば――帰りたいです、素直に(笑)。故郷に帰りたいと思うのが人の本能であるのと、同じですので。
でも、きっと……自分は間違いなく(2)を選ぶだろうという確信と、およびそれだけの信念が、自分の中には存在します。(もし同じように(2)を選ばれた方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご連絡ください。協力しあって、未来を模索していきましょう!)

さて、話を戻しまして――。
私は今までの体外離脱の中で、何度か高次の街並みを見てきましたが――その街並みで共通して言えるのが(何度も書いたように)「個性を活かしたままの、全体の調和」でした。
高次にも、立派に「個性」があります。高次に自我がない――なんていうことはあり得ません。充分に彼らも「自己」を持ち、意志を持っています。ただ単に、それが「全体の調和」に活かされている、というだけなのです。
また、「秩序」はありますが、「法律」はありません。
何故なら、「内なる基盤」が確立しているので、わざわざ外的な拘束を作る必要性がないからです。(というか、そういうレベルの人でなければ、神界の1には入れないのでしょう。)

では、「法律がない」のであれば、「司法」もないのか――と言えば……そうではありません。
やはり、市民を導く「中枢メンバー」のような人達は存在します。それは、肉体を考えた場合と同じです。心臓にも、胃にも、肺臓にも、「法律」はありませんが「秩序」はあります。そして、その秩序をコントロールするのが「脳」ですよね。そういった感じで、「脳」に値するような人達が、高次には存在します。

三次元の政治家達は、「市民や末端の生活が見えてない」人達が大勢います。
しかし、高次に行けばそれは「あり得ません」。脳が感知しない組織がないのと同じように、高次の中枢にいる人達は、「全体」を末端――隅々まで把握しています。(だからこそ、高次の中枢に立つ人は人格者であり、かつ宇宙に確実なまでの忠誠を誓える者でなければなりません。)
でも、彼らはさほど積極的に末端の人達と交わるわけではありません。(脳が移動して、足の細胞や手の細胞と対話出来ないのと同じことです。)けれどその分、脳に変わって「末端の人達と交流する存在」がいます。
それが、所謂「大使」のような存在です。臓器に例えれば「血液」とも言えるでしょう。
また、神経組織のように、臓器それぞれに応じた地域の代表者達が、中枢である人々の中に入り、それぞれの地域全体を把握出来るような仕組みとなっています。
だからある意味、末端の人々(本当の意味での市民)は、中枢たる人々と「完全なる信頼」の元に関係性を培っているので、「個人の幸福」に集中することが出来るのです。個人の幸福に集中することが、イコール「全体との調和」に結びつく――というのが、高次のシステムであり、地球が目指すべき未来システムなのです。

アセンション後の地球が至る「政治システム」は――まさしくこのように、「人体構造」と等しいものがあります。
そこにあるのは、完全な「バランス」です。個性だけが突出するわけでもなく、また、全体主義だけが押し付けられるわけじゃない――両者の幸福が「併存して成り立つ」のが、アセンション後の地球のあり方なのです。

今回は、「アセンション後の地球の全体像」について、簡単に概要を触れました。
次回以降、少しずつその詳細を考察していきたいと思います。

【関連記事】
高次における「全体調和」は「個性」を排斥しない
高次元と三次元の差 
高次元の街の構造 


※多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化」に意識を向けて欲しいと願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   
コメント
今回も朝の通勤電車より…(笑)

私は出来れば(2)ですかね…「何かをやりたい」と感じるその「何か」の中身はまだハッキリと確立してはいないのですが

何せ発展途上なもので

そんな発展途上な部分を、麻日さん(師匠)にサポートしてもらってます…大正解です(笑)

なんだかこれを読んでるうちに講義を受けたい気持ちになりました
2009/08/28(金) 07:23 | URL | そら #-[ コメントの編集]
お勤め、お疲れ様です。
……って、今日は土曜日ですね(^^;)。
すみません; 昨日は体調不良だった為、更新、および返信が出来ませんでした……。

> 私は出来れば(2)ですかね…「何かをやりたい」と感じるその「何か」の中身はまだハッキリと確立してはいないのですが
>
> 何せ発展途上なもので

これから伸ばせばいいだけのことですよ(^^)
焦って「何をするか」を探すよりも、「私は地球の未来の為に、生きたいんだ」と焦点を絞るだけで、自ずと道が開けていくような気がします。
答えはきっとそらさんの中にすでにあって、そらさん自身が「そこに辿り着く」ことを、答えはじっと待ってくれているのだと――私はそんなふうに思います。

> そんな発展途上な部分を、麻日さん(師匠)にサポートしてもらってます…大正解です(笑)

ああ、やっぱりそうなのですね(笑)。
文章の雰囲気から「もしかして、そうかな?」って思ったもので――。

> なんだかこれを読んでるうちに講義を受けたい気持ちになりました

私はあまり、講師向けの性格ではないンですよね~(笑)。
かつては色々、講座などを開いたこともあるのですが――講座って「受動的」ですよね?
こうした精神的探索に必要な姿勢って「あくまでも自発性」であり「能動性」なので……本来はこうしてブログなり、本なりを通じ、「読まれた方が、ご自身の中で考察し、自分の思考力で咀嚼する」というのが一番望ましい姿勢のような気がしております。
知識は、「血となり、骨となる」ことで初めて「知恵」となれるので――。

最も――これだけ情報過多の時代となると、なかなか「どれが自分に向いているのか」を選ぶのって、大変ですよね。
でもきっと、だからこそ「自分自身の思考力が培えるのではないか」と、そう思います。
そらさんも、ご自身の中にある「芽」を、いろいろな文献や情報に触れ「選択」しながら、模索されることが一番近道のような気がします。
それがきっと、「一番の講義」なのではないかな――と(笑)。
2009/08/29(土) 18:39 | URL | 篠崎由羅 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード