賢人は歴史から学び、愚人は経験から学ぶ

 早いもので、明日はエハン・デラヴィ最後のイベント「2012ルネッサンス─時代の夜明け─」です。
 もう半年以上前から(正確には去年、機関誌の取材をしてからなので──8カ月前からか;)準備していましたが「あっっっ!!」という間でした。
 その間、ただ「あっっっ!!」と声を出していたわけではなく──本当に色々なことがありました
 嬉しいこと、楽しいことは勿論ですが……辛いことも、たっっっっくさんありました。
 いつも疑問なのですが、成功哲学や自己啓発系の本って自分はこぉんな苦労なく成功したんだよ~という話が多いように思うのですが(私は哲学や人間の思想に絡む本は、自分の志向にあうあわない関わらず、ひととおりすべて目を通す主義なのでザッと読み通した中、そういう印象を受けました)、そんなことありませんって! 苦労のない成功なんてあり得ないし、仮にあったとしても、それはむしろ「苦みのない珈琲」みたいに味気ないものでしかありません。 

 むしろ、過程における苦労や辛さ、努力が「あるからこそ」成功の喜びがひときわ大きく、感動も大きくなるのではないかとさえ、私は思えるのです。

 今だから書けますが、私は去年の10月から今に至るまでのこの8ヶ月の間に、「ノイローゼ」になるまで自分を追い詰めた時期がありました(もうだいぶ前ですが)。
 私は他者に弱音を吐かない(っていうか、意地っ張りだから吐けないンですよね;)主義なので、たったひとりで悶々としつつ──「自殺」という文字が脳裏を過ぎったことさえあった程です。
 ですが、今はその時のことを思い返すと「ああ。あれって試練のひとつだったんだな」そう思いました。

 「さぁ、お前は『どちらを選ぶ』?」と。
 お前の信念か?
 周りの意見か?
 さぁ、どちらを優先する──?

 私は自分の信念を選びましたが──それで「大正解だった」と確信しています。そうでなければ、私が今味わっているような充実感を、絶対味わうことがなかっただろうから──。
 だから、その時関わった人達、みんなに心から感謝しています。
 私の「選択という試練の場」を提供してくれたのだなと、そう素直に思えたので。(不思議なのですが、ひとつの学びが終わると、人間関係そのものもガラッと変わりますね。もっとも、今の私は「真理探求」だけに集中したいので、どのお誘い、他者様の紹介についても、すべてお断りさせて頂いています。今は真理とだけ向きあいたいので、何卒ご了承願います。)

 人って、不思議なものです。
 書籍や講義だけでなく、人はやっぱり「人から」学ぶものなんですよね。
 人から学ぶ──すなわち「経験から学ぶ」という意味でもあるでしょう。

 子供の頃、父親(物理教師。私とは犬猿の仲です。※私は確かに戌年ですが、父は申年ではありません。って、関係ないか;)から
「賢人は歴史(父がここで言いたかったことは『ただの歴史』ではなく、要するに『書物』などの文献のことを示していました)から学び、愚人は経験しなければ学べない。だからお前は後者の愚人(バカ)だと言われたことがありました。
 当時まだ12歳ぐらいでしたが、私はその時はっきりと、
「それなら良かった(笑)。私は、バカでいいから、経験で学んだ方が遙かにいい。経験しなければ、人に教え伝えることが出来ないからね。本読んだ程度で知ったかぶりするようなヤツになるぐらいなら、痛い思いしてでもその辛さを人に伝えられる道を私は選ぶ!」皮肉たっぷりに言い返し、親子げんかに発展した──ということがありました。(父親にとって私は、未だに「理解不能な存在」みたいです((苦笑))。子供時代から私は、言い回しが「理屈っぽい」ところがあり、結構そんな私を嫌う教師も多かったですね。※何故か全共闘世代で活躍していたという先生達には、可愛がられていました……)

「賢人は歴史から学び、愚人は経験からしか学べない」 

 いいんじゃないでしょうか。私は今でも、後者の「愚人でありたい」そう思います。
 それに、「本当に賢人が歴史(知恵)から学んでいるのなら、とっくに世の中は良くなってなくちゃおかしい」とさえ思います。
 「私は、すべてを知っている賢人だ」──そう思った途端、知識はその人の頭の中に「何も入ってこなくなります」
 コップだって同じことですよね? 
 水が満杯に入ったコップに、さらに水を注ごうと思いますか? 絶対「空の方」或いは「もう少し容量の入りそうなコップ」にいれるはずです。
 それと同じことだと、私は思えるのです。
 私は愚人と言われることは、何とも思いません。むしろ、「自分は無知である」ことを常に自覚し、もっともっと、新しい智慧を吸収したい──そう思っています。


 ところで。
 話は、まったく変わりますが。 

 このイベント前に──何と、篠崎は大病(?)を患ってしまいました(苦笑)。
 実を言うと、二日前の30日──私は突然の腹痛に襲われ、6時間痛みに耐え抜いた末、ついに我慢出来なくなり、救急車で救急病院に搬送されたのです。
 原因は不明ですが、おそらく「大腸内の炎症だろう」とのことでした。要するに大腸の襞が炎症をおこし、盲腸みたいに腫れてしまう──という。
 白血球の数値が異常上昇し、熱が38度から引かず、激しい痛み──間違いなく「炎症だ」と断言されました。
 しかもその場で、「即入院」を言い渡されました。
 しかし、私がこの状況下で入院出来ないだろうことは、きっと皆さんもお分かり頂けると思います。
 それで私は、「絶対に入院は困る!」と駄々をこね──先生と20分以上交渉した結果、

 ●死んでも文句言わない。
 ●薬はきっちり飲む。
 ●暴飲暴食は絶対にしない。
 ●自己責任ですべて管理する。


 という条件で、釈放(?)されました。
 母親が救急車に同乗していたので、母も診察室に通されました。
 先生からひととおりの説明を受けた後、私からも「先生はここまで言ってくださっているのに、私が入院を拒否しているのだから、これは私の自己責任だ。今、私が入院するわけにはいかないんだ」と説得したところ──さすがに、母は涙を浮かべていましたね(苦笑)。
「どうして、こんな子になったのかと──自分でも不思議なのですが……」と「こんな子扱い」されてしまいましたが(苦笑)、ひとまず入院は回避出来ました。
 私はかなり精神力がタフなので、気合いをいれると集中力が持続するのですが──抜けた時が怖いですね。5日に再診の予定が入っているのですが、まぁ、その時の状況に任せようって感じです。

 余談ですが。
 私が点滴を打っている最中、母が私にこう告げてきました。

「実は一昨日……あなたのお茶碗を割っちゃったのよ。その時、すごーく嫌な予感がして。きっと、この病気のことだったのね──」
「………………」

 ──って、私の「お茶碗」割っただと!!
 (ど~りで最近、見かけなかったはずだ) 
 聞いてないぞ、そんな話!!

 
 と、突っ込もうと思ったのですが(こういうことにならなかったら、黙ってるつもりだったようですね──絶対)、母の気持ちを考えたら、責めることも出来ませんでした。

 愚人は、経験から学ぶ──。

 いや。むしろ、経験ほど、素晴らしい教師はいないそう思います。
 私は(前も書いたように)自分が病弱な分、同じように病気の人の痛みを分かち合えることが出来るので──。
 それこそが人間らしい生き方なのだ──私はそう思う次第です。


◆お知らせ◆
(1)7月1日、23:59をもちましてエハン・デラヴィさんのトークイベントの受付を終了いたしました。
   沢山のご応募、誠にありがとうございます。(現在、228名様分受付完了しております。)
   今日、エハンさんブログ「シンクロニシティ」を更新しておりますので、もし「キャンセル待ち希望」などの方がおりましたら、ブログ「シンクロニシティ」の方で詳細をご確認ください。

(2)11月3日、篠崎のトークイベント「メタモルフォーゼ─今こそ、変容の時─」を企画しています。
   詳細は近々掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。

(3)本日から篠崎は東京で前泊する関係で、ブログの更新は3日、4日とお休みを頂きます。
   5日には簡単に講演会レポートを致しますので、楽しみにお待ち下さいませ。
   


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます!)3日4日の不在中も、押して頂けますと幸甚ですv

人気ブログランキングへ  

banner

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー
2010-07-02 | 雑談 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード