「宗教を知らない人」が、安易に宗教を批判することへの異議

 私はどの宗派にも属していない「無宗教」です。
 いえ──むしろ、私自身が接してきた不可視の存在や、宇宙の叡智を心の奥底から信頼しているので、無宗教、というよりも「地球上のどの組織にも属さない、一匹狼」って言った方がいいのかもしれません。

 実際には、私は10歳の頃から「出家願望」を強く持っており、俗世を捨てて精神の高見を目指す──ということを望んでいました。
 その気持ちは34歳頃(まだ能力が完全復活していなかった頃)に再び急激なほど大きくなり、とある自称チャネラー(有料)の人に「自分は出家すべきか、それとも俗世に残るべきか」を相談したことがあった程です。
 その方が、今もネットで活動されているかはわかりませんが──はっきり言ってインチキでした(苦笑)。
 写真を送り、メールでの鑑定だったのですが、私の質問内容とはまったく関係ない返事(明らかにコピペ内容ですね。同文をみんなに送っていると思います)が返ってきて、しかも「あなたは霊障を受けてはいません」とか、まったくトンチンカンな返答だったのです(苦笑)。
 「そんなこと、聞いてないっつーの!」みたいな。
 「ちゃんと文章読め、文章!」とキレたかったです。

 まぁ──インチキと決めつけてしまうのは、申し訳ないかもしれませんね。
 ただ単に、最近流行のスピリチュアルにのって自分も霊感があるんだと勘違いしてしまっただけの人でしかなく、悪い人ではなかったのでしょう。
 とはいえ、鑑定料1万5千円──。痛い勉強でしたね(苦笑)。
 ただ、私だからまだ良かったですが、お子さんとか愛する人を亡くし、本気で藁にもすがる思いの中申し込みされた方がいたとしたら──あのインチキ返答は「気の毒すぎ」です。
 その方に悪気はなかったにせよ「廃業」されていることを、願う次第です。
 傷つく人が増えない為にも、
 そして同時に、「その方自身が、これ以上過ちを犯さない」為にも。

 ※余談※
 みなさん、くれぐれもお気をつけくださいね。未だにこうした「自称チャネラー」は大勢います。
 インターネットの世界は「言ったモン勝ち」な世界なので、大袈裟に自分の能力を誇張し、さも高貴な神、さも高貴な存在が守護霊としてついているなんて言っている方は「要注意」ですよ。
 私は、このブログで体験談をお話しましたが、一度も、私についている「ガイドの話」についてはしていません
 理由は、「する必要がないから」です。
 必要なのは、ガイドがあ~せ~こ~せ~言ったことよりも私自身の「行動でしかありません」。ガイドがどんなに立派なことを言ったところで、自分が何ひとつ行動出来ていなければ、無意味なのです。
 どんなに立派なガイドがついていようが──それが大天使だろうがイエスだろうが、お釈迦様だろうが、そんなこと自体は「どうでもいいこと」で、大切なのは「本人が何を望み、何を考え、何をしようとしているのか」それに尽きます。

 

 私がそれほど出家願望があったのに、何故、出家しなかったのか──理由は簡単。
 「一門に下る」ということに、抵抗があったからです。
 私は、「真理の全貌」がみたい。その為には、ある一部分のみに属して、そこの深みだけを研究しても「決して全貌は見られないだろう」──そう思ったのです。

 人間の肉体で、例えてみましょう。
 キリスト教(プロテスタントもカトリックも、ひとまず一緒に考えたとして)が「内科」、
 仏教の浄土宗が「胃腸科」、
 禅宗(正式には道元禅と臨済禅がありますが)が「整形外科」、
 真言宗が「呼吸器科」、
 イスラム教が「神経外科」だったと、仮にしましょう。(※宗教は実際にはもっといっぱいありますが、長くなるので割愛します。あと、科の例えは思いついたものを順不同に書いただけなので、意味はありません。)

 その中で、私は「禅宗をやりたい!」として出家したとします。
 でも、そこで学べるのは「整形外科」でしかありません。
 勿論、呼吸器科の人や胃腸科の人に比べたら、かなり本格的に「人間の骨格」には知識がつくでしょう。

 でも、それは人間の一部分でしかなく、真理の全貌では「ない」のです。

 それが、私にとっての「迷いの一因」でした。
 私がしたいことは「多角的に見る」ことであって、ひとつのところから──例えて言えば、「井の中の蛙」になって大海を知らないまま、天の深きを知ることが「目的ではない」からです。

 こんな面白い例がありました。
 私が大好きな「デイリーポータルZ」というNiftyのサイトがあるのですが、その中でずいぶん前に「河原で穴を掘ろう」という企画があったのです。
 30を超えた男性二人が、黙々とシャベルで穴を掘っていきます。
 その時に、二人は「あることに気付いた」のです。

 よく「広く浅く」「狭く深く」というが、あれは嘘だ。深く掘る為には、「広く」掘らなければならない──と。

 実際に自分が穴を掘る場面を想像したとしても、確かに、「深い穴」を掘ろうと思えば、絶対に間口を広くさせなければ、深くまで掘れません。
 これはある意味「真理にも、あてはまるのではないだろうか」──そう思いました。
 間口を狭く、狭くしてしまえばするだけ、「真理の深みには、達することが出来ない」。
 だからこそ私は、現在最新物理学に限らず、日本の古代史(主に縄文時代の史実と蝦夷の行き先を調べています。いずれ詳しいことは、このブログでご紹介します)など、あらゆる異なった分野から切り込みを入れています。

 それだけ間口を広げても──辿り着く真理は「たったひとかけら」なのでしょう。
 ひとかけらの真理を探究する為に「100倍の努力」をしたって、私は惜しくない──そう思います。

 そんな理由から、私は「出家する」ということを断念しました。
 それは「私の道ではない」そう思ったからです。
 私はそこまで徹底して考えた挙げ句に「宗教は、自分の道ではない」と決めたのです。
 しかし、最近は「多少の情報を聞きかじった程度で宗教批判をする人」が多い印象を受けます。
 宗教がなんたるかを知らない癖に、無闇に宗教批判をする──これは、一種の排斥や差別に近いです。

 確かに、キリスト教などはローマの国教に取り入れられ、聖書の改ざんがされたあたりから「政治に利用」されるようになりました。
 しかし、それは「宗教」のせいですか?
 そうではなく、「それを悪用しようとした政治家達の悪意」の方が問題なのではないでしょうか?

 ヨーロッパ暗黒時代、ペストや流行病で次々と人が亡くなっていった際、教会は「免罪符」を発行し、そこで多額なお金をとって「これがあれば病気にならない」というようなことを言いました(って、これって、今でもスピリチュアルで普通にされていますよね。「このパワーストーンを持ってると幸運になれる」とか; やってることが大差ない、と思うのは、私だけですか?)
 それをしたのは確かに教会側ではありましたが、宗教の信仰をしている人達「そのもの」に問題があったわけではありません。

 いつの時代だって、そうやって何らかの権威を利用して、人々を支配しようとしてきた人達は少なからずいました。
 しかし、それを十把一絡げで「宗教は悪い!」とする姿勢──それもまた、早計だと思うのです。

 キリスト教信者の中には、到底、私たち一般人では真似出来ないぐらい「立派な行為」をしている人達が大勢います。
 それこそ無名で、亡くなっても日本の新聞記事にさえ掲載されませんが、聖書の研究をしている一部の牧師達は、アフリカにある「エイズ専門患者」だけを看病する教会を立ち上げ、そこで無料奉仕をしていました。
 ところが──何の罪もない彼らは、村人達に「エイズ患者を庇っている」という理由だけで、全員(ボランティアの牧師を含め)焼き討ちにされた──という事件が、今から5年以上前にあったのです。
 私はたまたまコラムで読んで知りましたが、報道はされてないので、多くの方がこの事件を知らないでしょう。

 また、ルワンダ紛争時には、クリストファー神父という方が、国連職員としてルワンダに派遣されていましたが──キャンプに残された2500人以上のツチ族達をおいて国連軍が撤退しようとした時、ただひとり、神父だけがその場に残った、ということもありました
 その心境を、想像できますか?
 キャンプの周囲には、今にも殺害を待ち望む人達が「ピーピー」と笛を吹きながら踊っていて、周囲には、ツチ族の方達の遺体が横たわり、暑い気候の中で死臭が漂う──人々の阿鼻叫喚を前に、神父は「そこに残る」ことを決意したのです。
 それは、ひとえに彼が、心から神を信じていたからでした。
 彼の信仰は、「神はきっと助けてくれる」──そんな甘いものではありません。
 神父は殺されるのを覚悟でその場に残り、ひとりでも多くの子供達を助けようとして──その途中フツ族に見つかってしまい、自分の教え子によって、殺されたのでした……。

 こういう人達は、キリスト教の信者の方に「とても多い」のです。
 イエスの生き方同様に、「自らも、喜んで善行に身を捧げよう」とする人達。
 そういう人達の生き様に敬意を表すこともないまま、昨今のスピリチュアリストは安易に「キリスト教批判をしすぎではないか」そう思うと、憤りを感じることもあります。

 大切なのは、「教義を信じること」ではなく「神(真理、或いは宇宙)を信じて、『如何に自分が行動するか』」だと、私はそう思うのです。

 私は、確かにこれからの時代宗教は、必要なくなってくるだろう──そう思っています。
 一元性に立ち返れば、自ずと「分裂されているものが、融合されていくから」です。
 しかし、「ひとつの文化」としてキリスト教文化なりイスラム教文化が残るのは「あり」なのではないか、そう思います。

 本当にこれからの世の中を良くしていきたいと願うのであれば、確かに、「今まで歴史上の問題点」に着眼するのは必要なことですが──同時に、「よく知らないものを、安易に批判する」という姿勢もとどめるべきだと、私はそんなふうに感じる昨今です。 


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  



banner

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー 
2010-08-23 | 社会 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード