アセンションを「ブーム」で終わらせない為に

昨日(6日)の朝7時に寝た後、途中何時間かは起きたものの――今日(7日)の17時に至るまで、ほとんど寝続けていました。
言いようがない程の疲労感で頭は動かないし――ここしばらく平均睡眠時間3時間だった私にしては珍しいぐらいの、爆睡っぷりでした(苦笑)。
その他書かなければならない記事、やらなければならないことも多くて――更新が滞ってしまい、誠に申し訳ありません(滝汗)。
今回こそは、浅川氏の講演会内容レポをUPしたかったのですが……その前に、ちょっと自分の中で気になっていることがあるので、そちらから先に記事にします。

去年の10月。「巨大なUFO出現」の噂が、ネット上で湧き上がりました。
※ちなみに、この頃の私は「アセンション否定派」で、今以上に独立独歩の姿勢を貫いていた関係上、そうした情報は耳に入っていませんでした。友人でありブロともの麻日さんからその話を聞き、「へ~、そんなことがあったんだ~」ぐらいで聞き流してしまっていたのです。

結局UFOは出現せず、情報発信者はひどく責められたそうですが――。
私個人としては、発信者である方に深く同情する一方、責めたてる人達を安易に非難は出来ない――そう思っています。
それは、前記事にある「自己責任」に絡みます。

確かに、そうした情報を知った多くの人達にも、「それが信憑性に足る内容か否か」を考察する必要性があったでしょう。
しかし、一番の責任は――どうしたところで「発信者に求められる」と、そう思うのです。
だからこそ、私は自分の言動に対し慎重になるし――考察を欠かさない。
また同時に、読者側の皆さんに対して「考察の必要性」を強く呼びかけている次第なのです。

何故、私がこうした情報に「慎重になるよう」呼びかけているかと言えば――
「真理を見誤り、失望する人を一人でも増やしたくないから」です。

こうした失望は、今までに何度も繰り返されてきました。
一番最近は――1999年、でしょうね。
ミレニアムになる前に「何かが起こる」――そう期待した人達が、大勢いたことでしょう。

しかし――「何も起こらなかった」。
※いえ。現実には「起きています」。多くの人が、気づいていないだけで。そのことは後述します。

それを目の当たりにした人達は失望し、掌を返すような生き方を選ばざるを得なくなりました。
これは、その人の問題だけでなく――人類全体で見た上での「大損失」なのです。
地球は、「ただの物質ではない」ということを過去記事に先述しました。
地球は、思念に反応する「生命体」なのです。
ひとりでも多くの人が失望し、真理に対する疑念の中で覆れば――地球への悪影響は、はかり知れません。

私は浅川氏の記事を書く際、過去記事を参照していたところ、上記「UFO出現」の記事にあたりました。
それ以降、この内容を改めて考えさせられています。
さらに今日(7日)、読者の方から非常に興味深いメールを頂きました。
新世紀を前にして「イエスが降臨する」ことを信じていたキリスト教一派の人が、その事実が覆されたことにより失望し、それまでの生き方とはまるで異なる道を進んでしまった、と――。

私は、その人の痛みに同情の念を禁じ得ません。
そして同時に――「同じ過ちを、アセンションで繰り返したくない」と、強く思っています。

大きく宣言してしまうことで、人は「期待」こそすれ、その期待が大きく上回る程の現象となって現れない限り、それが「現実になった」とは認めません。
事実、去年の10月にUFOを目撃したという人が数人いたようですが――あまりに情報が膨らみすぎてしまった為、数名の証言なんて、「焼け石に水」となってしまったのです。
まるではち切れそうな風船のごとく膨らんだ情報を前にしたら、それこそ、「オリンピック開幕セレモニー」的に、大々的に色鮮やかなUFOが姿を現し、テレビ放映も電波ジャックして、その姿を見せない限り――人間は、宣言された内容を「肯定出来なくなってしまう」のです。

そんな危険なことを、高次の人達がすると思いますか?

真理は「黙されたまま、実行される」――これが高次の法則です。
有言実行ではなく、「不言実行」なのです。
彼らは地球に接触し、地球人の習性をよくわかっている――そうしたら、大きく宣言することで「それがかえって、人間の心理にネガティブな要素を残す」ということを、一番知っていて然るべきです。
そういったことを見抜いている高次の人達が、そのような大宣言をするだろうか――まずそこを、発信者側も情報を受け取る側も考察すべきだったと――私はそう思えるのです。

それに――「慎重になることで、真理を見逃す」ということもあり得ません。
何故なら、私ほど疑い深く、慎重な人間が――それまで「完全アセンション否定派」だった人間が、マウリッツィオ・カヴァーロ氏のクラリオン星人の写真を見た瞬間、「アセンション肯定派」に翻ったのですから。
パウロにしたって、そうです。
ずっとキリスト教を迫害する側だったパウロが、イエスのたった一言の呼びかけで目が覚め、キリスト教に大きく貢献することとなりました。

真理は、どんなに慎重になったとしても、「絶対に見逃すことはない」のです。
だからこそ、こうした大きな宣言を前にしたら、ことさらに慎重になることが――私達にとって重要な姿勢なのではないでしょうか。

この教訓は、今回のアセンションについても活かされます。
私達は決して情報に踊らされてはいけないし、受動的に「アセンションを待つべきでは『ない』」のです。
このアセンションで必要なのは、奇跡的な次元上昇でもなければ、苦労もなしに報われることでもない。
「ひとりひとりの目覚め」、そのものなのです。
私達が自発的に真理を受け入れ、そこに働きかけていこうとせずして――何が変わるというのでしょうか?

――何も、「変わるわけはない」のです。

今、すでにアセンションに向けて人々の意識が変わろうとしている――それは、私自身にも分かります。何故なら、何よりも私自身が、大きく変貌したうちの「ひとり」だからです。
自分の変化をこれだけ目の当たりにしていたら……「アセンションの信憑性」を、痛感せずにいられません。

しかし、私が危機感を抱いているのは――
こうした「アセンション」という言葉のみが一人歩きをして、ただ受動的にその時を待ち、
自ら何も変えていこうとしない人達が増えていくとしたら……それは「危険極まりない」――そう思っているのです。
それは、次元上昇どころか――下降にしかならない、と……。

先程あげた1999年の件ですが――メールを頂いた方以外にも、他のカルト宗教で似たようなことがあったという話を以前聞いておりました。
しかし、ノストラダムスは決して「予言を外してはいない」のです。(それは過去記事にも先述したとおりです。)
また、2000年を境に、人間の意識シフトが大きく変貌しているのを、私自身感じています。

実際に、「時代は幕開けしている」のです。
情報だけに翻弄されていると、その真理が見抜けなくなる――私は、そのことを深く危惧しているのです。

今回のアセンションは、「ブーム」で終わらせてはいけないものです。
何故なら、地球そのものの「生命存続」が、かかっているからです。
このまま、抜本的な改革なくして、息絶え絶えの地球にぶら下がっていきますか? 
それこそ、延命治療を続け、無意味に命を長らえさせているのと何も代わりはないのです。

私は「今こそ」、ひとりひとりが自己改革に目覚め、それが少しでも地球全体に廻っていくことを強く願っています。
アセンションとは、まさしく「そういう意味」です。
そうすることが、結果的に人間の科学を超えた「未知なる次元への開幕」に繋がるだろうと、そう確信しています。
夢想の理論ではなく、それを「現実にしていかなければならない責任」が、私達にはあるのだから――。

余談ですが――。
最近の体外離脱で、地球を追い詰めるネガティブな波動というのが、必ずしも「負の想念ばかりではない」ことを知りました。
すなわち――「利己愛に満ちた偽善」。
これが一番厄介なものなのだということを、知ったのです。

考察なき真理は、いつでもそうした罠に堕ちかねません。
深く考えないまま「愛」「光」を連発していても、その愛のエネルギーは地球へは「届かない」のです。
むしろそう叫ぶことが「利己存続」を満足させてしまう為、それ以上深く考察することを妨げてしまいます。
そうした「人間の利己的な満足感」が――結果的に、地球を深く痛めつけているということを知り、深く考えさせられました。

それらを発信しているのは――総じて「先進諸国」です。
日本も例外ではありません。
私達は先進諸国に生まれた以上、本来であれば地球全体のことを思い遣り、世界で苦しむ兄弟達のことを考えることが出来る余裕があるのです。
それをせずして、何故、先進諸国に生まれた意味があるのでしょうか?

勿論、みんながみんな、世界の闇を直視することは出来ないでしょう。
でも、それならせめて、「身近な幸福の意味」を、深く感じ取って頂きたいのです。
アセンションとは「地球規模」のものです。しかし、ひとりひとりが地球の生命体とシフトしている以上「私達個人のもの」とも言えるのです。
だとしたら、まずは身近に「自分の幸福とは何か」――そして、その幸福の為に自分はどうやって生きるのかを考察することが、アセンションへの第一歩だと、そう思えるのです。

そして……そこに満足した中の、3割程度の方でいい。
地球のことを――世界の闇を、「私と一緒に考え、行動に移して頂きたい」のです。
アフリカに住む人達や、紛争地域にいる人達は、そうしたことを考えるだけの余裕がありません。兄弟達の苦難を、余裕のある私達が真剣に考え、そして、向き合う必要性があると――私は強く実感しています。

アセンションを「ブーム」で終わらせず、苦難に満ちた兄弟達を救う為に――私達は表層的な情報に踊らされるべきではありません。
情報には常に慎重な姿勢を持ち、かつ、自分の洞察力でもって真理を見抜いて、正しい行動をしていくことが望まれるでしょう。

2012年を迎えた時
「なんだよ! やっぱりまた嘘だったか」と非難する側に廻るか、
それとも、「――ああ。やっぱり、本当だった」と実感する側に廻るかは、
みなさんの洞察力と行動力に、かかっているのです。

少なくとも――。
私は、浮ついた気持ちでこのアセンションと向き合っているわけではありません。
2001年からネット活動を開始し、今年に至るまで多くの日記、ブログを書いて来ましたが――今回ほど、真剣に向き合っているブログはありません。
例え2012年にそれが訪れず、時代がますます悪くなる兆候の中にいたとしても、私の命がある以上は果てしなく地球の為に叫び続けるでしょう。

アセンションは「待つもの」ではなく、「自発的に起こすべきものなのだ」と――。

【関連記事】
チャネリング情報の信憑性
2012年アセンション 最後の真実
(1)アセンション情報における不思議な符合 
(2)アセンション情報における不思議な符合


※多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化」に意識を向けて欲しいと願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   
コメント
はじまりはUFO騒動でした
こんにちは、よっちです。
実は僕がスピリチュアルに興味を持ち出したのはこのUFO騒動が大きなきっかけでした。

そのころオカルト的にアセンションや予言、UFOなどを調べていて、スピリチュアルに触れ始めたころのことでした。

もう当日までの何日間はとてもワクワクしてました。
半信半疑でしたが、複数の情報源で言われているため何かあるだろうと思っていました。

でも、結局僕にわかる様には表れませんでした。(見えない宇宙船は近くまで来てたらしいですけど)

この時は情報源の方を批判する人と庇護する人で、すごく意見がわかれたのを感じました。

僕は不思議とまったく批判する気になれず、夢を見させてくれてありがとう、くらいの気持ちでした。

そこで宇宙人やUFOの夢をきっぱり捨ててしまうのが嫌でしたし、表れる予定とされていた宇宙人の方々が好きだったし、その先に何かあるような気がしたからです。

僕はあれは意図的な仕掛けみたいなものだと思っています。
その本来の理由を宣言しないことが、1つの「不言実行」なのではないかなと。

真相はどうあれ、僕にとってはそこからただのオカルト的興味を超えた存在としてスピリチュアルを意識するようになった出来事でした。

考察した結果、確信はないけどこっちを信じてみるかっていう手探りでの歩みですが、その結果気付きや信じる気持ちは自分の中から沸いてきているのを感じます。
他人がどういうかはきっかけや材料であって問う先は自分なんだなと。

と、長く書いてしまいました。
どうか体に無理せずご自愛ください。
2009/09/08(火) 07:34 | URL | よっち #DsyH2XjE[ コメントの編集]
(*^-^*)
その通りですね
(*^-^*)

(地球の魂が次元上昇(アセンション)しても、次の候補が居るはずです。
誰になるかは解りませんが。)

私は他の道を辿るとは思いますが、出来る限りの協力を惜しみませんよ♪
2009/09/08(火) 09:11 | URL | Fam #-[ コメントの編集]
Re: はじまりはUFO騒動でした
よっちさん、こんばんは。
……なかなかメッセがお返事出来なくて、ごめんなさい;;

このUFO騒動については、本当に大騒ぎだったみたいですね。
ちょうど私が非常に多忙な時期で、ネット自体ほとんどやっていない頃だった為、まったくそういった情報と触れあっていなかったんですよね。なので、後から聞いて「へぇ~! そんなことがあったんだ」って驚きました。

> でも、結局僕にわかる様には表れませんでした。(見えない宇宙船は近くまで来てたらしいですけど)

実際見たっていう人や、動画を撮った人はいたらしいですね。

> 真相はどうあれ、僕にとってはそこからただのオカルト的興味を超えた存在としてスピリチュアルを意識するようになった出来事でした。

そういう人が一人でもいたならば、それは決して無駄ではなかったのかもしれませんね(^^)。

> 考察した結果、確信はないけどこっちを信じてみるかっていう手探りでの歩みですが、その結果気付きや信じる気持ちは自分の中から沸いてきているのを感じます。
> 他人がどういうかはきっかけや材料であって問う先は自分なんだなと。

まさしく、仰る通りです。
その「問うということ」そのものが、考察ですから。
発信者側が責任を意識するというのは大前提ですが、やはり、情報を受ける側にとっても「問う先は自分である」という姿勢は必要だなと、そう思う次第です。

私も、いつだって「発信者側」であるわけではなく、また「受け手」となることもあるわけですしね(笑)

コメント、ありがとうございました――。
Re: (*^-^*)
> (地球の魂が次元上昇(アセンション)しても、次の候補が居るはずです。
> 誰になるかは解りませんが。)

カヴァーロ氏の説によると、三次元的役割における地球の候補は「木星」だそうです。
すでに、木星に移行している人達も、ちらほらいるそうですよ。

> 私は他の道を辿るとは思いますが、出来る限りの協力を惜しみませんよ♪

私は「自分が覚ることよりも、地球や人類の覚りを優先」しているところがあります。
(「地蔵菩薩」の喩えを、ご存知ですか? 興味があったら、是非調べてみてください。私が目指しているのは、地蔵菩薩の境地です。)

慈愛と自愛――。
響きは一緒ですが、意味はまったく違います。

ひとりでも多く、本当の慈愛に目覚める方が増えて頂けることを、願う次第です。(昨今のスピリチュアルは、自愛に満ちあふれている感があるので――)
地蔵菩薩
なはは(^^;)

昨日調べていました。
と、いうのは、私の中に居る方は誰か?
ということを自分なりに追及してみた結果なのですが、どうも弥勒菩薩らしいんです。で、ウィキで。ですが調べていく途中で地蔵菩薩の事も読んでみました。
ちなみに私の実家、坂上にあるのですが、下ると御嶽神社があり、その先が六地蔵という地域なのです。
面白い偶然というか必然というか。
私は神奈川の下九沢が実家でした。神奈川というのも神が居る所を表しているらしいですよ(*^-^*)
2009/09/09(水) 04:08 | URL | Fam #-[ コメントの編集]
Re: 地蔵菩薩
> 面白い偶然というか必然というか。
> 私は神奈川の下九沢が実家でした。神奈川というのも神が居る所を表しているらしいですよ(*^-^*)

下九沢? ……それって、相○原のですか?
実は私――育ちも生まれも「神奈川」です(笑)。埼玉、東京に住んでいたこともありますが、今はまた神奈川に戻っています。横須賀なので、場所的には下九沢とまったく違いますが。←ペリーが来航した港町です。

奇遇ですね~(笑)
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード