超感覚と知性が共存する時代

 最近私は、周囲の人たちが「超感覚」に目覚めているのを感じています。
 共時性はもとより、相手の考えていることが手に取るように分かったり、相手が体験したことを自分も追体験してみたり、時計を見てもいないのに時間を分まで正確に言い当てたり──或いは、かつて流行ったスプーン曲げのようなサイコキネシス能力など、様々な超感覚体験をしている人が急激に増えているのです。
 私は以前から、こうした能力は特別なものではなく、「誰もが当たり前に持っている能力」だと思っていました。
 今までのスピリチュアル業界ではこうした能力を特別視し、エゴを丸出しにして教祖気取りになってしまうような人たちも数々いました。
 しかし、もはやそのような時代は終わりを告げ、これからの時代でこうした力は特別ではなく、日常的な能力であるということに多くの人達が気づいていくはずです。そうなれば、教祖気取りで集団を築いていた人も、解散を余儀なくされるでしょう。
 かつてのオウム真理教がやったような「過ち」は、絶対に繰り返してはいけません。超感覚的な力は特別でもなんでもない、誰しもに与えられた宇宙のギフトなのだという視点が大切です。そして、こうした力に目覚めた人は、利己に走ることなく「奉仕と貢献の道」を自ずと選ぶことになるのでしょう。

 しかし、時代はまだその黎明期故、そうした能力を持つ人がみな精神的に達観し、人格的に優れているわけではありません。
 その証拠に、今でもまだヒーリング、或いはレイキを扱う人の中では人格が未発達な人も散見されます。
 本来、超感覚的能力と人格は、「正比例」しなければ矛盾しています。
 ここが矛盾している場合、間違った方法で力を得ている可能性も少なからずあるでしょう。仮にそうである場合、能力を使えば使うだけ、肉体──或いは精神に「ひずみ」が生じます。やがてはそうした「ひずみ」が、その人自身の生命にも危険を及ぼしかねません。

 こうした能力を開花させたい──或いは、開花しつつある力をもっと成長させたいと思った場合、きちんとした師についた方がいいと私は思います。自己流も悪くはないですが、上記したように人格がまだ未成熟だった場合、間違った方法で力を開花させてしまう危険があるからです。

 そうした時代の訪れに呼応して、エハン・デラヴィ(J.Cガブリエル)さんが、2月に東京で「リモートヴューイング(遠隔透視)セミナー」を行います。

 リモートヴューイング(遠隔透視)セミナー 
 CAK4J69M.jpg

 エハンさんの著書をお読み頂ければすぐに分かりますが、エハンさんは超感覚的な能力を知性と論理で説明することが出来る方です。
 今までは、こうした超感覚的な能力(サイキック)は、どことなく「ヒステリック(感情的)」な背景を元に開花するような言われ方がされてきました。超能力映画などでも、「怒りなどの感情的爆発が、超能力を開花させた」なんて場面が多々ある程です。
 しかし、本来の超感覚的能力──或いは「これからの時代の超感覚的能力」は、穏やかな理性と知性の中で、静かに開花していくものなのだと、私には思えます。
 こうした時代の訪れこそが、ルドルフ・シュタイナーの言う「第六文化期」なのかもしれないし、或いはテイヤール・ド・シャルダンの言う「ヌースフェア(叡智圏)」、もしくはウォータークロック──言い方は違えど「集合意識が顕在化する時代」と言えるのかもしれません。

 私達が相対的な「繭」に包まれている時代は終わり、時代における魂の枠組みは、相対から総体へと移行しつつある──そんなふうに感じる今日この頃です。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

◆mixiでも記事を更新しています(mixiで書いた内容は、ブログにての公開はありません)。◆
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36352495&level=4
記事公開は「マイミク限定」とさせて頂きますので、興味のある方はマイミク申請頂けますと幸いです。


 
banner1.jpg
現在、推敲開始しております。大変お待たせして申し訳ございません。今しばらくお待ち下さいませ。
※携帯の方は「こちら」。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー 
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード