現実の中に天国を見いだした者こそが、本当の天国の門に立てる

 約三週間ぶりの更新です。この期間何をしていたかと言えば……定期試験に追われて、勉強三昧の日々を送っておりました(涙)。
 肉体的にはハードな頭脳労働をこなしていましたが、これは時代の変革が原因なのか──はたまた、そうした領域に人類が知らずに足を踏み込んでいるのかは不明ですが、様々な気づきがあちこちに点在しているのを実感出来る日々でした。

 最近、「シンクロ」と呼べるような現象が多々見られているように思います。それは特殊な能力とか感受性の鋭い人達の間でなされるわけではなく、ごく普通に──それこそスピリチュアルの「ス」の字も知らない(或いは、興味がない)人達の間でも普通に起きています。
 私はこうした徴候を「とてもいい徴候だ」と感じています。
 もし本当にアセンションがあるのであれば、それは「アセンション」という言葉を知っている人を限定に──或いは、スピリチュアルを知っている人だけを対象に行われることでは「決してない」と思えるからです。
 イエス・キリストの時代、「パリサイ(ファリサイ)派」という律法学者(いわゆる聖書研究をする聖職者)達のことを、イエスは決して肯定しませんでした。イエスはむしろ、漁師や農家といった、普通の生活を送る人々に祝福を与えようとしていたのです。
 それは何故かといえば──漁師や農家といった普通の生活を送る人々の方が、魂的にはピュアな人が多かったからなのではないか……私はそう感じています。
「余計な概念に囚われず、日々を一生懸命生きている人達特有の輝き」みたいなものがあるんじゃないか──そんなふうにさえ思える程です。

 余談ですが──先日、私がバスに乗っていた時のことでした。道路の工事現場前で、車の交通整理をしている誘導員の姿がありました。
 それが、よく見ると「女性」だったのです。
 最近、こうした警備員の仕事やタクシーの運転手などで女性の人が増えてきているので決して珍しい光景ではなかったのですが、妙に印象強く残ったのは、「その人が笑顔を浮かべ、とても活き活きとした表情で仕事をしていたこと」でした。
 車を誘導するのは、本当に難しいことだと思います。一歩間違えれば事故に繋がりかねないし、自分だって命を落とす危険があります。
 そんな危険な仕事を、その女性は「笑顔を浮かべて」難なくやりこなしていました。それこそ、見ている側がとても気持ちよくなるような素振りで誘導をしていたのです。

 私はこういう、「生きる」ということに前向きな人が「大好き!」です。
 こういう人は、無自覚に色々な人達にパワーや癒しを与えているのではないか……そんなふうに思える程です。

 こういう光景を見るたびに、いつも思います。「本当の意味でスピリチュアルを実践出来ている人というのは、意外にも『スピリチュアル』という言葉を知らない人達なのではないだろうか」と。
 イエスが商人や漁師、農民といった人達と触れあおうとした気持ちが、何だかよく分かる気がしました。スピリチュアルを分かったように語り、「アセンションに向けて、波動の低い人達は遠ざけよう」だの「精神を高次にあわせるように修行しよう」だの、そんなことをする人達と一緒にいるよりも、私は「毎日をつつがなく暮らし、笑顔を絶やさずに一瞬一瞬を大切に生きている人達」と一緒にいる方がいい──そう思えます。

 もしも神が地球を──まるでシミュレーションゲームで覗くかのように見ていたとしたら……どんなふうに思うでしょうか。
 周りに生きる人達をさておき、「さぁ、アセンションが近いから」と言って不自然な菜食主義を貫き、不純物が入っているという理由で水道水を忌み嫌い、ちょっとした感情の行き違いをすべて波動の違いのせいにして「私とあの人は、違う世界に生きているから」といって、関係性の修復をする努力もなく縁を切ろうとしてしまう人と──
 神のことはよく分からない、宗教にも入ってないけれど、友達や家族を大切にして、毎日食べられるご飯に感謝し、つつがなく過ぎていく毎日に喜びを見出し、朝昼晩と大きな変化がなくてもそれそのものに喜びを感じられる人──
 一体、どちらを天国の門に「招き入れよう」と思うでしょうか?

 勿論神は、自ら選択を下して他者を排斥するようなことは決してしないでしょう。
 しかし、心の在り方が霊的な世界の構造であるのだとしたら……もはやすでに、行き先は決まっているようなものだとも思えます。
 他者との調和を望まず、排斥をして自分を守ろうとする人は──結果的に排斥される身となり、
 どんな人とも調和をしようとする人は──結果的に、どんな人からも受け入れられるようになるのでしょう。
 すべては「鏡」なのですから──自分がしたことは「そのまま」自分に返ってくる……高次になればなる程、その現れ方は顕著で、しかも速やかなのでしょう。

 アセンションした後に「調和の世界」を望むのであれば──「今」この瞬間、すでに「調和のこころ」を自分自身が持つ必要がある……
 すべては「自分の内側で起きていることなのだ」という気づきが、今という瀬戸際の時代にこそ、求められているのかもしれませんね。
 
  
●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

───────────────────────────────
【お知らせ】
J.Cガブリエル(エハン・デラヴィ)★リモートヴューイング講座
 CAK4J69M.jpg
 
 ※詳しい紹介記事はこちら→「超感覚と知性が共存する時代」※ 

★マカ不思議「ペルーの旅」
※14日間で36万円は「破格」です……。普通の旅行会社だったら9日間で40万円は軽くします。(今年ペルーに行こうと思ってあちこち旅行会社にあたった篠崎の個人的ぼやき……。←日程的に今回は参加出来ないので、すごく残念;)
  o0200016011767038740.jpg

───────────────────────────────


◆mixiでも記事を更新しています(mixiで書いた内容は、ブログにての公開はありません)。◆
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36352495&level=4
記事公開は「マイミク限定」とさせて頂きますので、興味のある方はマイミク申請頂けますと幸いです。


 
banner1.jpg
現在、推敲開始しております。大変お待たせして申し訳ございません。今しばらくお待ち下さいませ。
※携帯の方は「こちら」。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー 
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード