シリウス─地球外知的生命体とのコンタクト─

          SIRIUS_Small_Poster.jpg

 「オッカムの剃刀」という言葉をご存じですか? 「真実はより分かりやすく、シンプルである」という意味なのですが、最近この言葉の意味を改めて考える機会が増えています。この言葉を、人類誕生の背景に置き換えて考えてみたとしましょう。そうして考えると、私的には「神はたったひとりで、地球を創った」というのがどうしても引っかかってしまうのです。
 ンじゃ、火星は? 金星は? その他、太陽系外の惑星も神様がたったひとりで創ったの? 太陽系内で地球にしか生命が生まれなかった理由は、神様の気まぐれ?
 逆に、「進化の過程が偶然重なって、偶然に近い確率でたまたま人類が誕生した」のだとしましょう。
 未だかつて、科学の領域で完全にその進化の過程が明かされたわけではなく、人類生誕にはまだ解けない大きなミッシングリンクがあるのは多くの方が知ってのとおりです。

 こうなってくると、「何がシンプルで、何が分かりやすいのか」も分からなくなって来てしまい…私個人的には「とにもかくにも、『自分にとって』より分かりやすく、シンプルなのが一番真実!」って思うに至ってしまうわけです(笑)。
 すなわち「神様=宇宙人(地球外知的生命体)」
 私にとっては、これが一番分かりやすくてシンプルな真実です。
 宇宙というのは異なる周波数域が重なる領域のことであるため、私たちが暮らす三次元の周波数域では神に位置する地球外知的生命体の周波数が認識しにくいだけなのだと個人的には考えています。(視覚で紫外線を拾えないのと同じような理由です。)

 そういうことで、私にとって地球外知的生命体の存在は「確信!」に近い存在ではありますが、そんなことよりもはや時代は「地球外知的生命体は嘘? 本当?」なんていうレベルを抜けて、新たなる段階に進もうとしているのを実感する今日この頃です。

 アメリカ在住の医師スティーブン・グリア博士は、20年以上この地球外知的生命体の存在を探究し続けたひとりです。
 彼は命を危険にさらしながら真実をひたすら求め続け、今は「地球外知的生命体に、地球人からコンタクトする」という試みをしています。

 「宇宙人、いるの? いないの?」ではなく、
 「宇宙人に挨拶して、交流を深めよう」としているわけです。

 日本のように、低レベルなオカルト番組(苦笑)で討論する時代をとうに抜け出した先駆者とも言える人です。(少し話は逸れますが、マスメディアに載せて知名度をあげるというのはやはり番組のレベルに合わせる必要があるように思えます。国民はもっと真剣に宇宙人や霊的情報を知りたいと願っているはずなのに、番組プロデューサーが茶番に仕立てているだけのように見えます。もっとも、最近はまったくテレビを観ていないので、テレビ全体のレベルについては下がっているのか上がっているのか分からないのですが…)

 DVD「シリウス」では、スティーブン・グリア博士の20年に渡る軌跡と、UFOや地球外知的生命体と非常に近くまで接近した政府・軍関係者などの事実についてが明かされています。興味のある方は、是非視聴してみてください。TRIVEを観た方は、TRIVEで描かれていた情報をよりリアルに感じることが出来ると思います。
(ただ、現在は新たにDVDの国内版を生産中とのことです。国内版のリリースは準備中とのことですので、今しばらく待った方がよろしいかと思われます。)
 もちろん、篠崎は購入済みです。詳しい感想などについては、病院実習も無事終わり冬休みに入ってから──ということで;
 今後もこのブログでは、地球外知的生命体のことについてやそのことに関するお薦め書籍、DVDなどについて紹介していく予定です。 

【DVD:シリウス ※近日、日本国内版が発売されます。字幕などの修正が入るそうなので、購入される方はそちらをお薦めします。リリースされた際にはこちらのブログでもお知らせします。】
http://jceti.org/?page_id=855

【日本地球外知的生命体センター:JCETI】
http://jceti.org/

【JCETI代表:グレゴリー・サリバン氏のブログ】
http://ameblo.jp/jceti/

【グレゴリー・サリバン氏著書】
あなたもETとコンタクトできる! 宇宙人遭遇への扉、完全オープン!!あなたもETとコンタクトできる! 宇宙人遭遇への扉、完全オープン!!
(2013/04/03)
グレゴリー・サリバン(ETコンタクティ)

商品詳細を見る


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

──お知らせ──
このブログ内で記事を書く際に掲載する写真や絵画を募集しております。
すでにネット上に写真や絵画を公開している方で篠崎ブログでの利用を許可して下さる方は、メールフォームよりご連絡ください。
掲載させて頂く場合には写真・絵画を提供して下さった方の著作権表示として名前、サイトのリンク表示をさせて頂きます。(どの画像を使うかは記事の内容によって変わって来てしまうので、その旨ご了承ください。使用させて頂く場合は事前に確認連絡を致します。)
※時期によっては返信が3~14日後ぐらいになることもありますが、何卒ご容赦ください。


【公開が著しく遅れております; もうしばらくお待ちください…※たぶん来年の国家試験終了後(2月中旬)ぐらいになると思います…。】
sora_open_banner.jpg
↑のバナーからお入りください。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー      
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード