既存の科学と未知の科学の協同

 最近、篠崎は「何故、人が病気になるようになったのか」「病の起源」について情報収集をしています。その理由は、看護という領域に携わる際、疾患から生じた結果だけを見るのではなく、その背景に存在するもの──例えば生活習慣、その人の思考癖(思考は病気と綿密な関わりがあると私は実感しています)、環境など、それらを含めた「全体像を見られる目が欲しい」そう思ったからです。

 そんな中、先日ふと「何故、『心臓がん』という言葉はあまり聞かないのだろう」ということに疑問を抱きました。
 ネットで調べたところ、心臓は「細胞分化がない(再生機能がない)」ということが分かり、「がん」という疾患は細胞が分化する際に生じたコピーミスによって発生する病であるため、再生機能がない心臓ではがんが発生しにくいのだということを知りました。(ごく稀ですが、小児期に心臓の細胞も分化していく過程の中でがんが発生することもあるそうです。)

 しかし、何故そのようなコピーミスが生じるのでしょうか?

 細胞は人間の肉体におよそ60兆存在しており、それぞれの細胞は60兆を超えてまで増殖することはありません。しかし、コピーミスをした細胞だけは、数も全体の調和もお構いなしに、ひたすら増殖だけを繰り返していきます。これがいわゆる「がん細胞」です。

 疾患のメカニズムは、非常に面白いです。
 まるで、人間の社会をそのままミクロにした世界を覗いているかのようです。肉体の中で行われている調和や調整が、人間社会に活かされるようになったら、もっと暮らしやすい社会になっているような気がします。

 それはさておき──。
 ひとつ、その中で興味深いことに気がつきました。
 現代病とも言われる「がん」「心疾患」「脳血管疾患」──これらは死因三大疾病とも言われていますが(2年前、脳血管疾患を肺炎が抜きましたが)、これらの病気は人類が急激な進化を遂げたことが原因となっているということが分かりました。
 ダーウィンの進化論においては、チンパンジーなど類人猿から人間は分化したと考えられています。
 しかし、その進化の中でも約270万年前に、劇的な進化を遂げるきっかけがあったようです。その結果、人間の脳は類人猿に比べて3倍もの大きさにまで進化していきました。

 そうした「急激な進化」が、脳卒中、脳梗塞はもちろんのこと、心疾患などを引き起こす原因となっていったようなのです。
 また、脳が進化することにより、住まいとする環境も大きく変化していったことが、「がん」という疾患を後の時代に増加させるきっかけともなっていったのです。

 現代の医学、科学をもってしても尚、「何故、270万年前にそれほどの劇的な進化があったか」は明かされていません。
 精神世界やスピリチュアル──ここでは未知科学と呼びましょう──において、こうした劇的な進化をミッシングリンク、或いは「創造主の技である」と見ることも多いです。いや、これから先、もしかしたら医学や科学で証明出来る何かが見つかるかもしれない、もしくは、未知科学の仮説をもとに「ではその時代に何が起きたのか、どのようなことが起きたと想定されるか」を推論していくことになるかもしれない。
 それはどちらになるかは、分かりません。

 ただし、私が最近強く感じるのは、既存の科学にしろ、未知の科学にしろ、互いの説の可能性を踏まえた上で、新たな理論を模索すべきなのではないかそう思うことがままあります。
 未知科学において、ダーウィンの進化論は頭ごなしに否定されることも少なくありません。(もっともその出所は、「神によって人間は創られた」ということを信じる人がまだ70%もいる欧米がほとんどのようですが。)
 しかし、私は上記した「病が発生する過程」を知るにつれ、「確かに人間は、他の哺乳類動物とよく似た性質を持っており、そこから進化してきたのだろう」という実感を得ました。
 少なくとも、地球外知的生命体、或いは神が、突然、自分たちの卵子と精子を配合した存在を「ぽんっ」と野原に放したワケではないのだろう──そう感じたのです。
 仮にそれが事実であるのなら、私たちにはもっと地球上の生命から「かけ離れた特徴」を持っていておかしくないはずです。

 しかし、先ほどあげた疾患「脳血管疾患・心疾患・がん」──これらは、自然から急に逸脱して進化したことが、病の起源となっている──すなわち、私たちが病で苦しんでいる現状があるということは、その時点で、私たちがこの地球上で生育した生物の一部であるということを証明しているのだというふうに考えられると思うのです。

 ですので、私はダーウィンの進化論も否定は決して出来ないし、また、現代の医学や科学が証明した人間の進化の過程も同様に受け入れられる内容であると、そう感じています。

 人間誕生の謎そのものや、「何故、私たちは病という症状をもっているのか、その課題を乗り越えることが出来るのか」といった問題は、科学・未知科学という垣根を超えて、協力しあって共に探究・論証していくべきものであると私は考えています。
 科学は、今を持ってしても尚「生命の本質」について完全に明かすことは出来ず、また逆に、未知科学や哲学においては、推論を超えてそれを証明することが出来ません。
 そうしたそれぞれの特質について謙虚に受けとめ、お互いの持ち味を最大限活かせるようになれば、普遍ともいえる様々な問題を明かしていったり、或いは実用していくことが出来るように思っています。

 科学や医学の進化には、ある意味「奇抜」と言えるような仮説が起爆剤となる──未知科学の領域に足を踏み入れている人達はその役目を意識して、枠組みに囚われず真理を追い求めようとすることが必要なのでしょう。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

【公開が著しく遅れております; もうしばらくお待ちください…※3月頃、公開予定。】
sora_open_banner.jpg
↑のバナーからお入りください。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー         
2014-02-25 | 真理 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード