行き詰まる社会~一刻も早く求められる意識改革~

        yun_1338.jpg
                                 Photo by (c)Tomo.Yun )
           ※社会に暗雲が立ちこめようとも、それを「ひとつの警告」と捉えれば恐怖はなくなる。
             「何も出来ない」と無力に思うのではなく、「自分に何が出来るだろうか」という視点で捉えれば、
             社会の試練は、個々人の霊性を開かせる「大きなチャンス」と言い換えることが出来るだろう。


 病院勤務になってからは電車に乗る機会も激減していたのですが、昨年末から今週にかけては東京まで外出する用事が多く、久しぶりの電車生活を楽しんでおりました。

 ところが──。

 そのうちのほぼ毎日、どこかしらで人身事故が起きていることに気がついたのです。
 最近では各路線で振り替え輸送に関わる駅などがあった場合、電光掲示板で他路線の人身事故もお知らせするようになった為、「その関係で増えているように感じるだけではないか?」と思ってもみたのですが…どうやらそういうわけでもなさそうです。
 東京まで行かずとも「ちょっと隣町まで」という感じで電車に乗っても、その路線で人身事故による遅延。
 先日は、私が電車に乗って帰宅した1時間後に、家から歩いて3分ほどの最寄り駅で人身事故がありました。

 飲み会シーズンだったので、お酒に酔った方の接触事故も多いのかもしれませんが、それにしても頻回すぎる印象を受けます。
 それで、「人身事故における自殺の比率」についてネットで調べてみたところ、興味深い記事がありました。

(参照)鉄道の路線別人身事故・自殺発生件数の推移(関東)
 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6851.html

 このグラフを見ると、人身事故自体が増加の傾向を辿っていることが一目出来ます。その増加の背景には、もしかしたら高齢者で徘徊してしまう方の増加なども含まれているのかもしれません。(実際、認知症の方が踏み切り内に入ってしまって事故になるということも増えていると聞いています。)
 しかし、「自殺の比率」で見た場合、2002年からずっと60%超えで横ばい状態が続いていることが分かります。
 人身事故の10件のうち6~7件が「自殺」ということになります。

 年間自殺者が3万人と言われて久しい日本ですが、状況はあまり大きく変化していないように見受けられます。
 それどころか、これからも増えていく危険があるのではないかと感じさせる側面もあります。

 昨年末にNHKスペシャルで放映された「子どもの未来を救え─貧困の連鎖を断ち切るために─」の中では、連鎖されていく貧困の中で苦しむ母子家庭や女性達が取材されていました。
 その現状は、同じ女性として聞いているだけでも胸が痛くなり涙が出る程、あまりに辛く、厳しいものでした。

 中には、そうした生活苦の不安から自殺未遂をしてしまう方もいるとのことで、経済苦がどれほどその人の全人的な苦痛を生み出しているかを実感させられました。

 驚くべきことに、日本における子どもの6人に1人が、貧困ライン(1人世帯122万円未満)以下で暮らしているそうです。
 そうした生活が子どもの成長や精神状況にも影響を及ぼし、無力感に苛まれたり虐めの対象になったり、或いは不登校に繋がったりしていくのは想像に難くありません。(ちなみに、こうした日本の貧困の状況は、先進諸国の中でも第四位だったりします。一人世帯の貧困率に関して日本は1位だそうです。あれだけ移民を受け入れているアメリカを抜いて貧困率が高いということは、雇用に関してなど様々な問題が複合的に絡んでいそうですが…ちょっと驚きです。)

 減少しない自殺者数、貧困世帯の増加、高齢社会問題など、日本は数々の問題を抱えています。
 世界各国も問題を抱えていますが、日本も同じです。
 日本は決して、世界と比較して恵まれているわけでも、守られているわけでもありません。ただ単に、日本人は国民性として「我慢してしまう」傾向があり、貧困に追い込まれている人や自殺する程悩んでいる人達は、内面に問題を抱え込んでしまい社会に訴えることがないから、気づかない人が多いというだけなのでしょう。
 問題から目を背ければ背ける程、自分達人類が意識を変えていかなければならないという気づきは遠ざかり、いつまでも臨界点を突破出来なくなります。そうしたことの方が、私は「問題となる」ようにも思えます。

 ポジティブ推奨派の人達はこうした社会の問題から「目を逸らした方が良い」と考える人もいますが、私はそうは思いません。
 問題ばかりに意識を向けすぎると「問題だけ」が目につくようになり、解決策さえ見えなくなってしまうことがありますが、冷静な目で同時多発的に起きている問題を見つめ、地球が置かれている現状を知るということ自体は、とても大切なことだと考えています。

 社会は決して「楽観的に捉えられる現状」ではありませんが、それはある意味、私たちが意識のシフトチェンジをすることで、新たな道を切り開く為のチャンスでもあると言えるでしょう。
 今、社会や世界でどのような問題が起きていて、私たちに何が求められているのか──この2015年という1年は、その「気づき」を与える年になるのではないか、そんなふうにも感じている次第です。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

【医療ブログ】12月29日更新「看護師を取り囲む様々な問題」
medical_linkicon.jpg

【ファンタジー小説:ソラと仲間達の神様を探す旅】

↑のバナーからお入りください。

◇メインサイト◇
YOU are EARTHバナー 
2015-01-10 | 社会 | トラックバック(0) |
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード