「生きるのが辛い」と思っている人達へ

ここしばらく、私は非常に反社交的になっていました。
もともと社会に背を向けて生きているようなアウトロータイプ故、それを打破しようとして進んだ看護の道。
その仕事の過酷さ故に、あまりに疲れ果ててしまって──ここ数か月……いえ、半年ぐらいは非常に厭世的になっていました。
口を開けば、「山に籠りたい」「出家したい」「無人島に行きたい」云々……。

インターネットで流れるのは、SNSにおける多くの人の日常吐露。
もっと大切なものがあるだろうに。
もっと人間は大きな目的の中で生まれてきたはずなのに。
何故、こんなにも人は「目の前のことだけで、『楽しもう』」とするのだろうか。
そんなふうに疑問に思っていた日々。

だけど──ふと、急に思ったのです。


そういえば、ディズニーランドで「受験勉強している人」って見たことないな、と。


もしくは、ディズニーランドに来ているのに、ベンチで必死に本を読んでいる人も見たことないな、と。
ディズニーランドに行けば、人は「そこでしか体験できないもの」を体験するために、精一杯楽しもうとする。わざわざディズニーランドまで来て、待ち時間に「ソクラテスがさ…」「いやいや、それについてプラトンは──」なんて話す奴もいないし、私だってその場でそんな話は「しない」。

私達が色々難ありに見えてる社会に来ているのも、この「難あり」な体験を満喫するためなのではないだろうか、ふとそう思ったのです。

もしも私が、自分の望み通り山に籠り、廃屋で自給自足の生活をし、毎日瞑想三昧をして、覚りの境地を(仮にね)得たとしよう。
それって、別に「この世」でやらなくてもよくね??
あの世では魂がすべて真理知ってるンだから、単に覚り開くだけなら生まれてくる意味なくね??

急に、そう思ったのです。


私はひがみ根性や嫉妬心等に全く無縁だし、勝ち犬だの負け犬だのそんなことにも興味ゼロなので、正直にブチまけます。

私の人生、「めっちゃ辛ぇぇぇぇぇ!!!!」
波乱万丈すぎ!!!!
もう少し、「ビーチできゃっきゃ☆」とか「草原であはは♪」とか、そんな人生送ってみたいけど、あンまりにも無縁すぎ──!!!!
(いや、そもそもあまりそういうのに興味もないけどさ)

世の中の「どうせ俺(私)なんか…」といじけている諸君!!
SNSで「いいことばっかり」呟いている人多いから、「自分だけが不幸なんじゃないか」と不安に思っている方。

安心してください!!!
私もあなたと同じく、「辛いなぁ~」って思うこと、いーっぱい「あります」。
その辛さを、否定しません!
綺麗ごとにもしません!

「ツイてね~!!!」ってこと、いっぱいあるし(笑笑)。
職場のドライバーさんから「え~!! 篠崎さんが受診にあたると、絶対残業が発生するンだよなぁ」と「もってない女」扱いされ、
私が「〇〇さん、今夜あたりが峠になりそうです…」というと施設長から「やめろよ~! いっつもそうやって死神宣告するの! 篠崎さんが言うと必ず当たるんだもん!」と忌み嫌われ、
挙句の果てには、同僚看護師から「明日休み?」と聞かれ「ううん、仕事だよ」というと、「良かったぁ!! 篠崎さん休みの日はいっつも雨降るから! じゃ、明日は晴れるね!」妖怪アメフラシ扱いされ── 

それでも、篠崎は毎日元気に「凌いでます」!!!!
施設で増加しつつあるモンスターファミリーに理不尽なクレームつけられても、笑顔で交わしてます!!(陰で「くそったれ!!」って叫べばいいのです。同情してくれる人は必ずいるから。)


でも、「これが『生きてる』ってことなんだ!」ふと、そう思いました。


世の中が歪んできているとか、異常気象とか、
某国が何考えてンだか分かンね~とか、
SNSが炎上して、会ったこともない人にケチつけられたとか、
そんな社会でも、「体験するために、今、ここにいる」のです。
その体験から目を背けて、ゲームに没頭しても山に籠っても天の岩戸に籠っても「ま、それは個人の自由」ですが、

せっかくこの「三次元」に生まれてきたンですもの!
この「三次元でしか味わえない苦痛」も味わいましょうよ!


でないと、死んでから「あ~。三次元でしか味わえなかったものを、もっと味わえば良かった」そう思うに決まっています。
自分は幾度となく体外離脱をしましたが、行った先の世界のほとんどは美しく、三次元で味わえない程輝かしいものに囲まれていました。だったら、三次元でしか味わえない「汚れちまった悲しみに(…って歌があった気がする)を存分に味わいましょうよ。

最近、「ストレス社会」とよく言われているけれど、私はその理由のひとつに「辛いと思う感情に無理矢理蓋をして、綺麗ごとでごまかそうとしているから」なのではないかと思うことがままあります。   
クソ味噌一緒といいますが、クソはクソです! 味噌ではないです。(お食事中の方、ごめんなさい;)

辛い体験は「辛い!」として、ストレートに認め、変に「愛」だの「ギフト」なんて言葉でごまかさず、「神様のクソったれ! こんな思いさせやがって!」ぐらいに吐き出し、そして、明日を元気に生き抜く──それが人間みなに与えられた使命なのかもしれない、そんなふうに思います。

今、エハンさんはアイスランドを裸足で巡礼しているようですが、いいですね──私も同行したかった。
だって、「裸足で歩き続ける」ンですよ。
まさしく「生きている」っていうことです。

でも、残念ながら私の戦場は自然ではなく、「人間の現実社会」にある。
だから、私はそこを裸足で巡礼します。
それは「素足」という意味ではなく、「素の魂」という意味で。

この記事を読まれている皆さんにも、必ずや「辛いことのひとつや二つ」はあると思います。(「いや、まったくないし!」っていう方は別にそれはそれでいいのですが。)
でも、その「辛さ」こそが、あなたがこの世に生まれてきた目的であり、意味かもしれません。
俯瞰的な魂の視点でみれば、「何だ。この『辛さ』こそが、私が生まれてきた意味であり目的だったんだ」と気づくことが出来るでしょう。

地球のアセンションが起こるとするならば、この三次元における体験を俯瞰的に見つめることが出来て「初めて」成しえるものであると思います。
現実を無視して良いのなら、あなたは最初から「ここにはいない」。
現実から浮遊したスピリチュアル的な思想よりも、三次元を「くそまみれ、泥まみれ」で生きぬいた人の方が、「この時代に生まれた意味」を味わっているように思えた今日でした。

さて、明日も「くそまみれ、泥まみれ」で生きていきましょう!!
ストレスに負けそうな人。
社会が辛くて仕方ない人。
うつ病になりかけている人。
心が折れそうな体験をして、どうしていいのか分からずネットサーフィンしている人。

私もあなたと共に、三次元の沼地を歩きます!!
恐れることなく、共に歩みましょう!!
ここは「地球」という名の「テーマパーク」なのですから。
そのテーマパークを「思う存分、体験しましょう」!!



●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

【SF長編小説:人類滅亡後に突如現れた先進文明と古来の地球人であるヒューマノイドの対立】
連載中★6月8日 第二部第四章「訪れた旅人」更新
ブログ用バナー

【ファンタジー小説:ソラと仲間達の神様を探す旅】


YOU are EARTHバナー
WE are EARTHバナー
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード