病気になって「得たもの」「失ったもの」

一度はPCの電源を落としたものの、あれこれ思索に耽り「そうか、そういうことか!」と思い立ってこの記事を書いています。
前回の記事で、エハンさんとの対談が始まったとお知らせしましたが、その対談の中でも「がんになって、『解放された』と思った」ということを述べています。
そうなんです…。がんを宣告されて苦悩している方々には心苦しいし、大変申し訳ないと思うのですが…がんを宣告された私の正直な心情は「解放された」というところにあるのです。

誤解して頂きたくないのですが、私はこの病気が見つかる前、2か月に渡って酷い体調不良に悩まされていました。決して「のへへん」としていた中で発見されたわけではないのです。
2か月に渡って原因不明の嘔吐とめまいに苦しまされたからこそ、「解放された(病気の原因が分かって良かった)」そう思えたのも一因だとは思います。
でも、それとは違う「解放感」が、実際にあったのも否めないのです。

それっていわば…社会というシステムからの解放も意味するものかもしれませんが、もうひとつのブログ「がんと私の奇妙な共同生活」の中の「がん患者が社会を生き抜くのは大変」でも書いたように、ひとり身で社会に生きていた人からすれば、これはもう本当に転落を意味する現象そのものなのです。

screenshotshare_20151207_141911.jpg

どこまで堕ちたら底に辿り着くのだろう


私もそれまでは、常勤看護師として社会での責任を果たしていました。
ただ、執筆という生き甲斐を持つ私にしてみたら常勤看護師だけで生きていくのはあまりに辛く、派遣にしようかどうしようかなどと悩んでいた矢先、卵巣がんであることが発覚しました。
がん治療をするとなると、まず常勤は難しいです。しかも、職場に迷惑をかけてしまう。退職するとしたら、一人暮らしの生活は維持できなくなる。「社会」というレールから、大きく外れる衝撃が身を襲います。

ただ、ですね。
堕ちた先が、実は美しい草原や花畑の場合もあるわけです。
みんな、「落ちたら終わりだ!」としがみついていた社会のレールそのものが、実は「まぼろし」であって、いざ手放して落ちた先にこそ、「我が人生」があったりもする。

私は根が真面目な上に責任感が強いので、ここまではっきり突き落とされないと、「レールの下の花畑」に行こうとしなかったかもしれない──そう思います。
私はやはり、真理探究者なのでしょう。社会の中の歯車として動くのではなく、そこから一線退いて全体像を見る…それが私に課せられた道なのかもしれません。

今はホリスティック医療や抗がん剤に対しての危険度など、様々な情報が出回っています。
ですが、私は真実が知りたいのです。
情報だけで体験しなければ、それは「情報を知っている」だけで終わってしまう。
抗がん剤が危険なものなのかどうなのか、私は「身をもって体験したい」そう願っているのです。
そうではなく、「いや、ホリスティック医療だけでがんは治せるんだ!」それを体験したい方は、実際に体験し、それをただ体験するだけでなく「世に伝えて欲しい」と願います。
そうしなければ、真実はいつまで経っても世に広がってはいかないので。(私は「抗がん剤、やっても仕方ない」って思ったら、その場で実体験をもとに発表するでしょう。)

「長く生きる」ことばかりが答えではないと、私はそう思っています。
例えどんなに短かったとしても、その魂が「満足」して旅立てるなら、それでもいいではないか──そう思えるのです。
問題は「魂が納得して旅立っているか、否か」であって、寿命の長い、短いではない、と。

この病気になり、私は「社会に敷かれたレールを歩ていく」という道程、および「安定した収入」を失いました
でも、その分「そこから離れて、敷かれたレールが本当に正しいのかどうなのかを検討する機会」や、「何故、私達人類がこの地球に誕生したのか」そして「これから先、地球はどうなっていけばいいのか」を知る大きな機会を得たのです。
私からしたら、失ったものより得たものの方が大きかったのです。
また、ヒカルランドさんから依頼され、新刊本を拝読して紹介するという、読書好きな上に分析好きな私にとってはこの上ないお仕事も頂きました。
本というのは、その時代が象徴しているものが何かを探るのにとても便利です。特に新刊本は「時代の先端」を知るのに最適で、自分自身の中で真理を整理するのにももってこいだと言えるでしょう。

もしかしたら──本当の「ひとりだち」とは、「敷かれたレールから外れていても、生きていける人」のことを言うのかもしれませんね。
この治療が終わっても…私はもう二度と、「社会に敷かれたレール」には戻らないだろう──そう思います。


●多くの方に、「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と、強く願っています。
また、毎日の記事を書く為の「大きな励み」になっていますので、クリックのご協力をお願い致します。(いつも押して下さっている皆様、本当にありがとうございます。)

人気ブログランキングへ  

【篠崎の個人ブログ】包み隠さず、何でもぶっちゃけトークってます。
共同生活バナー(オレンジ)※文字のせ
バナー
【SF長編小説:人類滅亡後に突如現れた先進文明と古来の地球人であるヒューマノイドの対立】
連載中★11月18日 第三部第二章「精神の牢獄」更新
ブログ用バナー
【ファンタジー小説:ソラと仲間達の神様を探す旅】

WE are EARTHバナー
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード