【2】「何」が世界を狂わせたのか―仕事編―

 先日電車に乗っていた際、こんな中吊り広告を見かけました。

「100年に一度の大不況!」

 …………。
 すごく不思議なんですが――「100年に一度」というその根拠って、どこから来たんでしょう?
 100年前と言えば、1909年です。1909年って「明治」ですよ? 大正ロマンの前だし、関東大震災はおろか、第一次世界大戦も第二次世界大戦もまだだというのに。
 大体、日本が「企業社会(就職社会)」になったのなんて、戦後でしょ? たかだか60年そこそこです。それ以前のことまで計算に入れて「大不況」って――誰が一体、比較出来るのかなぁ……と、私は思わず首を傾げてしまいました。
 まぁ、数字の出所はおそらく「アメリカ」で、それを鵜呑みにしたままそう叫んでるだけなのかもしれませんが――。
 こういう言葉を悪戯に叫んで「そうなんだ! 今はそんな不況なんだ! ひゃぁ、リストラにあっちゃう!」なんて恐怖心を煽るのは……如何なものかと、思わず疑問に思ってしまいました。
 そりゃ確かに、景気のいい話は聞きませんが――せっかく警告を煽るなら、「もっと根本的解決策的な煽り方」をして欲しいものです。(皆様。くれぐれもこういった情報に翻弄されないよう、注意しましょうv)

 私の周りでも、「就職」「安定」「雇用」という言葉に惑わされてしまった人達から、あまりいい話は聞きません。大量リストラが起こるとか、あちこち派遣で面接を受けても落とされてしまうとか――。
 今起きているこうした事態というのは、「嵐が過ぎ去るのを待てば、何とかなる」という問題ではないのです。これは明らかに「資本主義形態」であり、「物質を崇拝する姿勢」の根本的なあり方です。こうした「古い社会システム」は今や崩壊しつつあり、「このままでいては駄目なんだよ!」という天からのメッセージなのだと、私には思えるのです。

 もし仮に、このまま資本主義を「維持」させる為に、世界のトップ――或いは、その「黒幕」達が動いたとしたら、次に起こるのは「戦争」か、或いは「大量殺戮」でしょうね。
 しかも、誰も気づかないよう進行する――じわじわと進行させていくでしょう。そうすることで、「どこかに荒稼ぎ」をさせ、スイスにある中央銀行で調整を行い、今まで通りの「支配国家」「被支配国家」のバランスを保とうとする……という可能性は否定出来ません。
 しかし――もし仮にそうなったら……人間は「愚か」としか言いようがありません。
 そこまで人間が愚かじゃないからこそ、今、「こうした資本主義のあり方は間違っている!」「もっと根本的な改革案が必要だ!」そう叫ぶ人達が次から次へと現れているのでしょう(先日取材したエハン・デラヴィ氏は、まさしくその中のひとりです)。

 では、一体「何」が間違っていたのでしょう。
 今回の答えは――明白です。

 私達は、「あまりにも、『形あるものだけ』を信じすぎた」ということ。

 でも、実際は「形あるもの」を信じているわけではありません。その「形の背後にある法則性を『真実だ』と、信じこまされていた」に過ぎないのです。
 先程あげた「100年に一度の大不況」という言葉も、そうですよね。本来、疑う余地はいくらでもあるのに――文字で、しかも「電車の中吊り広告」という目に見える形、宣伝効果の高い形で掲げられていたら、みな無条件にその言葉を「信じてしまいます」。
 確かに、信じたものは「中吊り広告の情報」です。しかし、その背後にある法則性はまったくもって「根拠がない」。そこに気づかず、目に入るもの、形にあるもの、肩書きがあるもの、すべてを信じてしまう――これが、何よりも一番代表的な「私達人類の間違い」なんだと、私にはそう思えるのです。

 メインサイト「地球の未来を創造する」で、第一回目インタビューアとして「J’s批判」中島さんの記事を掲載しました。その中で、中島さんは「今までの権威者が事件まみれだった。最近では、雪印・不二家などの伝統的製造業がね」と語っています。
 これは、「私達がしてきた間違い」における、鋭い指摘です。
 私達はあまりにも「情報を鵜呑み」にしすぎて、自分で考察、思考することを放棄しすぎてしまった。就職すれば「何とかなる」。雇用先があれば「何とかなる」。

 でも、その実体はどうでしょうか?

 皆さんにお尋ねします。
 必死に就職活動して、就職出来たとしましょう。派遣でも、パートでも、何でもいいです。
「ああっ! 私、毎日ここで仕事出来て、ホントに幸せだわっ!」
 そう思える人って、果たしてどれほどいるのでしょうか?

 何の為に、働くのでしょう?
 何の為に、仕事をするのですか?
 お金の為?
 生活の為?

 そもそも、「そこが間違っている」のではないでしょうか?
 私達は「生活の為に『必要』だから」という考え方に拘束され、「本当の意味で『仕事をする』」という目的を、見失っているのではないでしょうか?
 仕事というのは、決して「お金の為」にやるものではなく――「役割の為」にやるものなのだと、私は思えるのです。
 役割というのは、自分の価値観と、生き甲斐と、目標意識「すべてが合致したもの」です。その目的が合致していれば、どんな苦難な道でも「耐えられる」――そのぐらい、意義深いものです。
 役割は、常に「信念」と一致しています。マザーテレサの生き方のように、マンデラが27年間も投獄されるという凄まじい体験をしながらも、自分の信念を決して曲げなかったように、イエス・キリストが「自分の信念」に基づいて、十字架を背負いながらゴルゴタまでの道を歩いたように――彼らは「自分の役割(言ってしまえば使命に近いほどのもの)」を熟知していたからこそ、それがなし得たのではないでしょうか。

 勿論、それは必ずしも「デカいもの」である必要はありません。「私は何故、この仕事をしたいのか」そうした「目的意識」に立ち返ることが大事なのだと、そう思えるのです。
 あてに出来るのは「企業」でもなければ、「肩書き」でもない。
 本当に信じられるのは、自分の信念。自分の目的意識のみです。
 社会の崩壊は、人類にこうした「目的意識に立ち返れ!」そのメッセージを送っているのではないでしょうか?
 システムに支配され、物質に拘束され、ただ子羊のように飼い慣らされた人生を生きるのではなく、「自らの人生を創造しなさい」――そう、メッセージを送っているように思えるのです。
 ある意味これは、昨日書いた「次元を超えた改革案」。人間の通常意識では答えの出せない問題かもしれません。

 ですが、きっと「人類は気づける」――私はそう思います。

 皆さんに、憶えていて頂きたい「素晴らしい言葉」があります。
 「試練は『超えられる者』にしか、与えられない」  
 人類が試練を与えられているとしたら、それは「超えられる」ということを、すでに約束されていることの証なのです。

【関連記事】
【1】「何」が世界を狂わせたのか―犯罪編― 

※多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化」に意識を向けて欲しいと願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


【LTS講演会企画部サイト】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード