情報多様化の中、何を信じればいいのか

 昨日「メインサイト」にて公開した「エハン・デラヴィ氏の取材記事」、色々な方から感想をいただき、誠に感謝しております。結構辛辣に「現存スピリチュアル」を批判しているので、個人的には批判がいっぱいくるのではないかと「ドキドキ」でしたが、でも、「私自身が同じ立場」なので「批判がきても、『反論するのみ』」って感じではありますが(笑)。←大学時代、よくディベートに参加していたので、反論は慣れているし、かなり打たれ強いです。

 ……ンが、しかし。
 肉体の疲労には弱い篠崎――(爆)。
 今日たっぷり寝た割にはどうも疲れが取れておらず(というか、こなす仕事が多すぎるのと「完全にお休みな日」がないからですね。もう二ヶ月間は「休日」がありません)、今日も少し早めに休みたいな~って思ってます(といっても、すでに22時ですが――)。

 そんなわけで……今日も過去記事。
 1月31日に掲載された記事からの抜粋ですが(何度も言っておりますように)、当時は「アセンション否定派」だったので、頭から「そンなのナンセンス!」って言ってます。そこだけは、かなり大きく変わった点ではありますが――その他の部分については……まったく私の考えって「変わってないんだなぁ」ってつくづく思いました(苦笑)。

 まぁ、それが私にとって「自分の軸」であり、「信念である」ということなのでしょう――。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2008年1月31日 過去ブログ「思考世界」より転載

情報多様化の中、何を信じればいいのか

 最近、本当にこれでもかというぐらい「スピリチュアル」に関する情報があちこちに溢れまくっています。
 もっとも、シュタイナーの言う「第六文化期」の目的を考えるに、至極当然のことと思えます(※先日、本を読み進めていく中で「今はすでに、第六文化期に入っているかもしれない」と思ったのですが、実際「神秘額概論」の中でシュタイナーも「現在、第六文化期の夜明けにあたり――」と言っているところを見ると((その頃が1900年代初頭))やはり今は第六文化期に入っていると思われます。あくまで推測ですが、おそらくは第二次世界大戦後、アメリカにニューエイジが発祥したあたりに、その境があるような気がします)。

 第六文化期における目的は、ここでも何度か書きましたが「超感覚的認識内容を、知性と感情で理解すること」にあります。いわば物質的価値観と霊的価値観の融合ともいうべきものであり、二元論として対立していた両者が「一元論」に戻ることに目的を定めています。

 その後、第七文化期末に訪れる大きな変容に向けて、第六文化期ではこの目的を達成せねばならない――そう概論には書かれています。

 もっとも、それはシュタイナー論に限られたことではなく、世界全体を包む「思想の流れ」として考えても、ごく当たり前のことと言えるでしょう。
 産業革命後に訪れた「唯物的価値観」に行き詰まりを感じた人類が次に求めるのは、「その背後にある法則性」であっても不思議ではありません。その上、それが平易な「宗教性」や「神への信仰」として戻るのではなく、新たな概念の誕生として成立するだろうことは、想像に難くありません。
 だからこそ、今は既存宗教への回帰ではなく、新たな思想基盤であるスピリチュアルや霊学が注目されているのでしょう。

 とはいえ――今はまだ「黎明期」です。
 このスピリチュアルに関わる「情報の氾濫」も、黎明期の特徴と言えるでしょう。
 もっとも、私自身はこの状況に対して悲観視はしておらず、むしろ「次なるステップに進む為には、必要な段階である」と、そう見ています。
 ただ、そう気楽に構えてばかりいられない側面もあります。
 ここでも何度か書いたように、目に見えない世界――スピリチュアルの世界は、時折「思考の逸脱」を起こしてしまう危険があるからです。
 そうならない為に必要なのは、何よりも自分自身の考察力です。そうでなければ、ただ情報に踊らされ、スピリチュアルや霊学にとってもっとも大切な「霊我の育成」が損なわれてしまうからです。

 人は、何かと言えば「新たな事実」に翻弄されがちです。
 例えば、今まで歴史的に伝えられてきたことが、「実は違って、○○だった」というのが判明したとしましょう。多くの人は、その新たな発見が真実なのかどうかの検証をする前に「新たな事実」だけを真実として、鵜呑みにしてしまいます。
 事件においてもそうです。「真相は○○だった」とされれば、それが本当に正しいのか背後を調べることもなく、「そうか、そうだったのか」と呑み込んでしまう。
 人は何故か「後から発見されたものの方が、信憑性が高い」と思い込む癖があるのです。
 しかし、それは危険な錯覚です。確かに、それが真実である可能性も否定はしません。しかし、「検証の余地がある」ということさえも念頭から外してしまったら、それこそ真理から外れてしまいかねません。

 昨今のスピリチュアリストは、この錯覚に陥っている人も多々見受けられます。
 「新たな真実を信じるな!」と言っているのではありません。「それを視野に入れながらも、検証の余地があることを念頭に措いた方がいい」ということです。そうでないと、次から次へと覆される「真実」という言葉に、結果翻弄されてしまいかねないからです。
 勿論、検証といったって歴史学者でもなければ考古学者でもない、社会学者でもなければ名探偵でもないのに、「どうやってすればいいのさ!」と思われるのは当然です。
 ここでいう検証というのは、「真実を突き止めろ」というのではなく、「慎重になる」ことを指摘しているだけです。
 そして、その「慎重さ」を産みだしてくれるもの――それこそが「思考力」なのです。

 先程「第六文化期」の目的について書きましたが、こうした新たな進化の為に必要なのは、何よりも個々人の自主性です。
 要は、「どんなに情報が溢れていても、自分にとって『何が正しいのか』を見極められる目を育てる」ということです。
 ここでポイントなのは、「自分にとって『何が正しいのか』」ということです。他の誰も、その基軸にはなっていません。神を基軸にもしていなければ、宗教を基軸にしているわけでもなく、先生を基軸にしてるわけでも、友達を基軸にしてるわけでも、三軒隣の小母さんを基軸にしているわけでもありません。

 あくまで、「自分自身」です。

 スピリチュアルや霊学を前にして必要なのは、こうした自分の信じる道は、自己で責任を持つという姿勢である――私はそう、考えている次第です。

 最近、どこもかしこも「アセンション」で、このブログにも「アセンション」の検索ワードで来る方が大勢います。
 私は、シュタイナーの唱える第七文化期末(あと数千年先)の変容を指示し、「2012年にアセンションは起こらない派」なので、来て頂いた方は「期待外れでごめんなさい」って感じですが――(笑)。
 正直言って、私にとってそれが起こるか起こらないかは、「些細な問題」でしかないのです。
 しかし、中には「どうすればアセンション出来るだろう」「アセンションに乗り遅れない為には、どうすればいいのだろう」と真剣に考えている方も大勢いるだろうと思われます。
 そういった方達に私が唯一言いたいことは、「仮に(仮に、ね)何もなかったとしても、それで落胆しないように」ということです。
 このアセンション・ブームにも、私は「霊的な意味がある」と思っています。そこに何かしらの目的が存在するから、これだけ注目されているのでしょう。だから、それが「事実ある、ない」といった短絡的な二元論に「陥って欲しくない」――そう願っています。

 こんな話があります。
 「南無阿弥陀仏」を唱えると極楽浄土に行ける――と唱え続けた親鸞は、弟子からこのように聞かれたそうです。
「もし、それで本当に極楽に行けなかったら、どうするのですか?」
 その問いに、親鸞はこう答えたそうです。

「それなら、地獄に行くまでよ」

 この答え、私は非常に親鸞らしく――また、物質世界で暗中模索の中霊的真理を探ろうとする私達へのメッセージでもあると、そう思っています。
 親鸞のこの姿勢は、「盲信」ではありません。
 もし親鸞が「盲信」していたとしたら、弟子の問いに「そんなはずはない! 極楽は必ずある! 何を言っとるのか!」そう怒ったに違いないでしょうから。

 しかし、親鸞は「なかったら、地獄に行く」――その可能性を視野に入れつつも、自分の教えの「責任」を自分に担う勇気も持っていたのです。
 それこそが、自分の思考力を信じることであり、かつ思考した結果に責任を持つということでしょう。
 私達がこれから第六文化期を生きるにあたって必要な姿勢――それは、この親鸞の言葉に集約されていると、私はそう感じている次第です。

━━━━━━━━━━━(過去記事転載・以上)━━━━━━━━━━━━━━


※ひとりでも多くの方に、「スピリチュアルの本質」に目を向け、意識改革を進めて頂きたいと強く願っています。皆さんの意識改革を広める為に、ランキング・クリックのご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


【お知らせ】
「地球の未来想像図」を募集しています。

【LTS講演会企画部サイト】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

*----*----*----*----*----*----*----*----*
2012年問題、アセンション、体外離脱先で得た体験を元に「未来の地球予想像」を語る「対談セミナー」を行います。

「2012年『後』・地球の未来を創造する」
2009年12月12日 新宿にて開催


根拠のないアセンション論などではなく、現実問題、およびそこから派生した考察に基づいた対談を予定しています。今や、「不思議な現象」というのは誰もが体感する「普通のこと」となっています。それだけ、時代の加速化が進んでいる証拠でもあるのでしょう。
私自身の体外離脱体験は、ただ「体験すること」を目的にしていたのではなく、「新たな時代を創造すること」を目的にされていたのだということを、最近痛感する次第です。
お時間のある方は、是非ご参加くださいv
*----*----*----*----*----*----*----*----*

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
******************************************** 
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード