アセンションで「日本が鍵」な理由

 篠崎があまりに多忙でコミュを廻せない関係上、副管理人の麻日さんが、新たにトピをたててくれました。

アセンションと日本
 ※mixi会員以外の方はご覧になれません。ごめんなさい――;

 これはなかなか「いい着眼点」だと思います。
 先日取材したエハン・デラヴィ氏も、記事の中で「日本人がアセンションの鍵だ」ということに言及しています(詳しくはこちら)。しかも、そう言っている人達はエハン氏に限らず、私が知っている限りでも複数名います。
 しかし、改めて考えるに――決してそれは「自国びいきではない」ように思えてくるのです。

 まず、そうしたアセンションを基軸においた視点から、少し逸らして考えてみましょう。
 日本人というのは、確かに世界各国を見ても「特殊な国」であることは確かです。
 例えば、「太陽神」を見てもそうですよね。
 普通、どこの神話でも太陽神というのは「男性神」です。女性神(天照太神)なのは日本だけです。また逆に、大地(地球)の神となると、どこの国も大概は「女性神」です。母なる大地――という連想もあるのかもしれませんが、日本の場合は逆に男性神(国常太神 注※両性具有という説もあり)となります。
 創世記にしたって、通常は男性神から派生していますが、日本の場合は女性神(イザナミ)です。またその象徴もあるのか、古代では女性の王や天皇が力を握っていた時もありました。

 その後仏教が伝来し、武士の時代になっても派生する文化にはどこか「女性性」を感じさせます。茶道は、千利休が生存していた時代にするのは男性ばかり――それも武将などの人達が嗜んでいましたが、その中に含まれる礼儀作法、細やかな動きに関しては女性性を感じさせます。(千利休の茶花の考え方自体、非常に女性的です。私は「野に咲く花を愛でる」という感性がとても大好きです。)

 今まで私は、そうした経緯を見ながら、「日本は女性性の文化なのだ」とそう思っていました。
 しかし、最近になって「いや、違うな。日本は『男女和合の文化』なのかもしれない」そう思うに至りました。(茶道が戦場に行く武将達を中心に嗜まれたのは、そのいい例だと思います。)
 「日本人が鍵」でも書きましたように、日本人の感性は、本当に細やかで素晴らしいものがあります。これらの感性は、決して「女性性」というだけでは片付かない気がします。女性性と男性性が「融合している」からこそ、これだけの感性を発揮出来たのはないかと、そう思えるのです。
 世界広しと言えど、こうした「男性性と女性性が融合した文化の国」というのは、そうそうないと思います。
 
 そうした意味でも、海外におけるいろいろなスピリチュアル分野の人から「日本が鍵だ」と言われるのは、分からなくもないような気がします。
 少なくとも、「本当の意味での和合」を求めようとするなら、日本の精神というのはとても重要なものなのだろうな、と。ある種「右脳と左脳を融合させた文化」とも言えるかもしれません。右脳が感性で、左脳は「作法」。どのような道――茶道、合気道、華道、何においても、日本の文化では作法がついて廻ります。感性だけでは事足りず、この「作法」というのが、現実との接点を結びつける「絆」のようなものなのかもしれない、そう思えるのです。だから、この作法を軽んじてはいけないのだな、と。

 篠崎は母親が裏千家の茶道教師故、拙いながらも茶道をしています。……子供というのは愚かな生き物で(苦笑)、親が「○○をやっている」となると、やたらそれに反発したくなるものです。私もそのひとりで、今まではいっさい茶道と接触を持たなかったのですが、そこはその――年老いて、人間が丸くなったとでも言うのでしょうか(笑)? 今年に入ってから「茶道をやってみよう」という気持ちになり、細々と稽古を続けています。
 その中で見えてくるのですが――作法を大事に、ひとつずつ集中して続けていくと、まるで「禅の三昧」に似た境地になっていくのです。
 作法は「不要」なのではなく、この「作法」があるからこそ「茶道」という道に通じるのだなと、改めて実感しています。昨今は何でも「方法」「ルール」を無視しがちですが、何かひとつを会得しようとするならば、必ずや「その過程」を学ぶ必要がある。茶道は、それを如実に語ってくれています。
 こういう文化は、確かにそうそうないだろうな――と思います。外国人の方が茶道に興味を持つというのも、分かる気がします。好奇心だけではなく、「その真髄に、何かがある」そんな気がするからなのかもしれません。

 私は最近、ふとしたきっかけで人気ブログ「伊勢―白山道」を読むようになったのですが、このブログの中でも多々日本の意味、素晴らしさが書かれています。(先日から2007年公開以降の記事を読み返し始め、ようやく1年分読み終わりました((笑)))
 伊勢と言うと「伊勢神宮」――神道と言うと、どうしても古き時代の影響であまりいい印象が残ってない方も、多いかと思われます。
 私自身、そうでした。
 しかし、それは「間違った偏見」であると、改めて反省させられた次第です。
 このブログに書かれている内容は安易な国粋主義ではなく、むしろ神道の「原点」に還った思想です。それは究極の自然信仰であり、決して政治や国政に利用されるべきものではありません。本来の「神道」のあり方を、私達は「間違って学んできていた」ということを、改めて痛感させられた次第です。

 このブログの中でも、地球に起こる大変動(ブログの中では、いっさい横文字が使用されていませんが、俗に言うアセンションと同じ意味だと篠崎は考えています)について記事にされていますが、それを穏便にする為に「日常、当たり前となってしまったものごとに対し、感謝の意を捧げる」という方法論をあげています。
 あちこちで当たり前のように言われてきたことではありますが、では果たして私達がそれを「実践出来ていたか」と言えば――残念ながら、答えはNOだと思います。
 しかし、それを「伊勢白山道」のリーマン氏は、「生かして頂いて、有り難う御座います」という分かりやすい言葉にまとめ、人々が意識しやすいように提示しています。

 この「当たり前のことに、感謝する」という考え方。
 実は「日本人だけに即効性がある」そう思えるのです。
 何故なら、キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、「神は外部」の存在でした。だから、日常の当たり前に感謝するとなるとすべては「神=外の神」に感謝する形となってしまったからです。
 しかし、外部に神を置き、そこに視点の中心を置いてしまうと、何か問題が起きた時もすべて「外部の責任」になってしまいます。
 でも、もしも内部に神を置いていたとしたら――そこを視点の中心としていたならば、外部のどんな事象でさえも、決して外部に責任を持たせようという発想にはならないはず。

 実は、「日本がアセンションで鍵になる」というのは、ある意味「ここにも示唆があるのではないか」とそう思えるのです。
 アセンションというのは、表だった奇跡ではない――私はそう思います。人はそうやって現実とはかけ離れた奇跡に期待をしすぎ、外部からの助けを求め、自分の内面にある「こころ」に目を向けることがありませんでした。
 しかし、それは決して本当の「アセンションとはいえない」――私はそう確信しています。
 外部の救いによってどうにかなれるのだとしたら、人類はいつまで経ってもシステムに飼い慣らされたままです。今までの歴史と同じように外部の神を拝み、他信仰者の土地を奪い、奴隷を持ち、支配・被支配に分離していくのみです。
 そうではなく、「内なる意識」――リーマン氏の言葉を借りれば「内在神」に至ることで、人の意識形態も大きく変わっていくのではないか、そう思えるのです。

 そして、それを出来るのは「無宗教が多い日本ならでは」だと思います。
 日本人が何故無宗教が多いのか――まぁ……「お金主義」「物質主義」の人が多いから、というのも残念ながら事実なのですが、根底には「宗教という外部に頼るのは、何か違う」という直感があったからなのではないでしょうか?
 事実、私も無宗教です。ですが、「無神論ではありません」。
 私のように「無宗教ではあっても、無神論ではない」という人達が、日本人の多数を占めているのならば――日本人の内的に向けた意識改革によって、日本がアセンションの鍵となるのも「充分あり得ることだ」私はそう思えるのです。

 今という時代に、何故私達がこうして「日本人」として生まれてきたのか――実は、そこにも深い意味があるのかもしれません。
 これから約3年間、ひとりひとり皆様方が「何故、自分は日本人として生まれたのか」「何故、日本という国を選んで生まれてきたのか」を、探究するのにいい時期かもしれませんね。
 そう言えば、「地球の未来を創造する」で取材させて頂いた中島忠昭さんも「Made in Japanの哲学」を模索しています。私の周りには、何故か「日本の将来」を考える人がいっぱいいます(かたや私は、中東和平ばかり意識していたというのに)。
 不思議なものですね。――やはり日本が何かしらの「鍵」であるのは、事実かもしれません。

【お知らせ】
 「霊性の占星術」、無料公開鑑定の募集は11/30をもって〆切とさせて頂きました。(尚、篠崎がうっかり窓口を閉め忘れたせいで12月以降もご応募くださった方は、抽選の対象とさせて頂きます。)
 当選者の方には来週9日までにメールでご連絡致します。


【関連記事】
 日本人が「鍵」

●多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


【YOU are EARTH】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

imagination.jpg
http://yura-shino.com/imagination/

*----*----*----*----*----*----*----*----*
2012年問題、アセンション、体外離脱先で得た体験を元に「未来の地球予想像」を語る「対談セミナー」を行います。

「2012年『後』・地球の未来を創造する」
2009年12月12日 新宿にて開催


根拠のないアセンション論などではなく、現実問題、およびそこから派生した考察に基づいた対談を予定しています。今や、「不思議な現象」というのは誰もが体感する「普通のこと」となっています。それだけ、時代の加速化が進んでいる証拠でもあるのでしょう。
2012年というのは映画にあるような奇抜な発想ではなく、もっと堅実に「内なるもの」から派生した重要な転換期なのだと私には思えます。
浮ついたアセンション論ではない、もっと超感覚的でありながらもそれを「現実の視点」でとらえた対談を行います。
お時間のある方は、是非ご参加くださいv
*----*----*----*----*----*----*----*----*

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   

【参考文献】

内在神への道内在神への道
(2008/03/07)
伊勢 白山道

商品詳細を見る
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード