太陽黒点

 ここ最近、篠崎は「太陽黒点」の動きに注目しています。

 http://swc.nict.go.jp/sunspot/

 太陽黒点の想い出――と言えば……私が子供だった頃、姉が「太陽黒点の観察をする」と言って天体望遠鏡を持ち出し、太陽を画面上に映しだしてその線を鉛筆でスケッチしていた時のことでした。うっかり者の姉はデッサンするのに夢中で、望遠鏡のことなどまったく気に止めず。
 一心不乱にスケッチする姉の姿を眺めていた私ですが――何やら焦げ臭い匂いがし始めたのです。
 ふと見上げると、姉の頭部に望遠鏡の熱が集中しているところから、煙が昇っているではないですか!

「ちょっっ! あ、あたまっ! 煙吹いてる!!」

 あまりに驚きすぎて、何て叫んだかも覚えてません(笑)。姉は驚いて頭をどかしたものの、「あ~、びっくりした。あんたがいなかったら、私今頃頭燃えて死んでたかも」なんて、呑気なものです……。

 話は逸れましたが。
 そんな些細な想い出があるぐらいで、今までさほど「黒点の動き」に私は注目していませんでした。
 それが、「いや。黒点って……すごく重要なのかも」と思うに至ったきっかけは、10月31日、エハン・デラヴィ氏を取材したのがきっかけでした。
 エハン氏は、ご存知「太陽の暗号(下記、参考文献参照)」という本を出されているぐらい、黒点の動きに注目されていました。黒点というのは太陽がガス状であるが故に発生するもので、実際は黒くないものの、温度差が他の部分に比べて低いが故に暗く見える部分を言います。
 今までの私にとっては「ほくろと似たようなものだろ~」ぐらいに思ってたのですが……どうやら、そういうわけでもないらしく。最近私が読み続けている伊勢白山道で書かれていることを参考にすると、黒点からは「電磁波」が出ているらしいのです。
 残念なことに、私はサイボーグではないので電磁波を感知は出来ないのですが、ただ、今年になって最も黒点が増加した際の自分の体調の変化を思い返すに、「こりゃ確かに、事実かもしれない――」と改めて思った次第です。

 上記リンクしたところを見て頂ければお分かりのように、現在、黒点は「まったくナシ」です。ツルツルのボールみたいですよね(笑)。しかも、ここ数週間、黒点がまったく現れてない状態が続いています。
 なのですが――10月26日から31日までにかけての数日間、あろうことか黒点は「ゼロ」の状態からいっきに数百まであがり、ものすごく巨大な黒点(それこそ地球なんて簡単に呑み込まれてしまう程の)が出たそうです。
 エハン氏の記事内でもそのことに触れていますが、黒点が人間に与える影響はかなり大きいそうです。
 肉体面での影響と言えば――

●少食になる。
●睡眠が短くなる。
●倦怠感、疲労感が酷くなる。

 などだそうで、また、精神面としては

●イライラしやすくなる。
●不満を持っていると、その不満に耐えきれなくなって爆発する。
●鬱病患者の増加

 ――など、いろいろなことが起こるようです。
 ちなみに、この時期の篠崎は異常な程の少食で、1日に1食も食べてない状態でした。忙しかったから、というのもありはしますが、睡眠は平均して1~2時間。イライラなどはなかったものの、自分の肉体が何故こんな変化を起こしているのか分からず、翻弄されていたような状態でした。
 しかし、改めて黒点の影響を考えた際、「なんだ。私の体は、宇宙に応じて普通に反応していただけなんだ~」と実感しました。
 惑星ひとつの影響だって、これほどまでに顕著なんですものね。それさえも人間は軽視するなんて、いつから人間はそんな傲慢になったのでしょう。

 エハン氏も伊勢白山道のリーマン氏も、共通して言っていることは「2012~2013年にかけて、この黒点が異常な程に激増する」ということです。エハン氏は、「そこから受けた電磁波によって、人のDNAに何らかの異常が起こり、それがアセンションのきっかけになるのではないか」としていて、かたやリーマン氏は「電磁波を受けることで、人の内面が外面へと暴露され、不安や鬱屈した感情を持っていた人はそれが悪い作用を起こし、免疫不全になったり、感染症を起こしやすくなったりする」と言っています。

 確かに、11月入ってから「まるで波のない海」のように静まりかえった太陽を見ると、これがいきなり黒点活動が活発化した際、どんなことになるのかと、不安のような、少し楽しみのような、複雑な気持ちです。今でさえ異常気象が続いているし(サウジアラビアの洪水については、すごくショックでした。私にとって、心のどこかで親近感のある国なので――)、日本の鬱病がこれからますます悪化するのかと思うと、何だか不安の種も拭えません。

 でも、結局は「自分次第」なのだろうな――そう思います。
 このブログを読まれている方は心配ないと思うのですが――万が一、鬱病の方が周りにいた場合、あまり重度にならないうちに、遊びに行くのを誘ったり、何かの活動に誘ったりしてあげた方がいいかと思います。
 鬱病って、一種の「硬化」だと思うのです。社会の軋轢の中で足掻き苦しんで、その結果、心が硬化してしまうという――。その人自身には決して罪がない、ある種「社会の犠牲者」的なところがあるようにも思えます。
 私の知人でも、鬱病に罹っている人が数名います。もう三年近く、動きを止めてしまった人もいます。精神科に罹っていない分、薬の弊害はありませんが(私は薬物医療ほど、鬱病に効かないものはないと思います。かえって促進させているように思えて仕方ありません)、人って動かなければ動かない程、肉体はおろか、心も退化してしまいます。知人の一人は、ついに何を誘っても「言い訳」だけして、完全な引き籠もりになってしまいました。
 動きを止めたら、新たに動き出す為には数倍のエネルギーが必要になる。ましてや、これから益々黒点が活発化していく中で……彼女達は一体どうなるのかなと、心配ではあるのですが……如何せん、「言い訳」して自分の引き籠もりを正当化するようになってしまったら最後……もう為す術はないなぁと、今は静観しています。

 またいつ、黒点が活発化するかは分かりませんが、どんな活発化をしても自分で自分をコントロール出来るように、今から少しずつ心の訓練をしていきたいな――そう思う今日この頃の私です。


●多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


――――――――――――――――――
◇お知らせ◇
年明け1月1日を目標に、「YOU are EARTH」のメインサイトを作成中です。完成しましたら、ブログもすべて引越します。(詳細が決まりましたら、また改めてお知らせします。)
――――――――――――――――――


【YOU are EARTH】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

imagination.jpg
http://yura-shino.com/imagination/

*----*----*----*----*----*----*----*----*
2012年問題、アセンション、体外離脱先で得た体験を元に「未来の地球予想像」を語る「対談セミナー」を行います。

「2012年『後』・地球の未来を創造する」
2009年12月12日 新宿にて開催


根拠のないアセンション論などではなく、現実問題、およびそこから派生した考察に基づいた対談を予定しています。今や、「不思議な現象」というのは誰もが体感する「普通のこと」となっています。それだけ、時代の加速化が進んでいる証拠でもあるのでしょう。
2012年というのは映画にあるような奇抜な発想ではなく、もっと堅実に「内なるもの」から派生した重要な転換期なのだと私には思えます。
浮ついたアセンション論ではない、もっと超感覚的でありながらもそれを「現実の視点」でとらえた対談を行います。
お時間のある方は、是非ご参加くださいv
*----*----*----*----*----*----*----*----*

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   

【参考文献】
太陽の暗号―あなたが地球に生まれた理由太陽の暗号―あなたが地球に生まれた理由
(2005/07)
エハン デラヴィ

商品詳細を見る
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード