愚痴は「忍耐力」のバロメーター

 昨日「太陽黒点」のことについて記事にしましたが、この太陽黒点における電磁波の影響を受けると、「内面の中にある不満や鬱屈した想いが、すべて表面化してしまう」そうです。
 その信憑性が如何なるものか私自身は分かりかねますが、しかし、社会現象を見るに「ちょっとしたことでキレて騒ぐ人」や「すぐに喧嘩を起こす人」などが増えていることを思うと――いざこれが電磁波の影響でもっと増加してしまったらどんなことになるのだろう――と一抹の不安が拭えません。

 こういう時、「自分は黒点影響で、一体どういうふうになるだろう」――って計るには、自分が日常の中で「愚痴」をどれだけこぼしているか、いないかで計れるような気がします。
 篠崎は、基本的に「愚痴」を言うのも言われるのも……あまり好きではありません。いえ、「好きではない」というのは消極的な言い方で、はっきり言って「嫌い」です。
 「うぎゃ~! 忙しすぎる~」とか「何で一日の時間が48時間ないんだぁぁぁ」という愚痴であれば、笑って流せるものだからいいのですが、私が嫌いな愚痴は「個人に対する愚痴」です。
 しかし――世の中、個人に対する愚痴を言いたい人って……たぶん6~7割なのではないでしょうか。

 私は今までに多くの職場で働いて、たくさんの人達と出会って来ましたが――「嫌いになる人」というのは、ほとんどいませんでした。
 苦手だな――って思う人がいた場合、一番最初に篠崎が心がけるのは「相手の長所を探すこと」です。
 これ、絶対に「簡単!」です。もし身近に苦手な方がいるという人は、是非試してみてください。
 そして、その長所に意識を向けているうちに……不思議なのですが、必ずと言っていい程「相手から、自分を好きになってくれます」。そして、自分も気がついたら苦手意識がまったくなくなっているのに気がつきます。
 こうなれば、もう人間関係は克服したも同然です。

 誰にだって欠点はあるけれど、同じく長所だってあるのです。気に入らないところだけを見て、愚痴を言ったり文句を言っているようでは、いつまでたっても成長しません。今までの篠崎は、そういう人達の愚痴を聞いてあげることも、ひとつのフォローかなと思って聞いて来ましたが――

 ――はっきり言って、「愚痴」と「依存」ほど、限界のないものはありません。

 溜まっていた愚痴をある程度吐いて「あ~、スッキリした」となれる人はまだいいかもしれませんが……いざそれでもまた次の日には、「別の愚痴」を見つけてくるものです。
 また逆に、言っただけでスッキリ出来ない人の場合には、いつまで経っても「同じ愚痴」を延々、繰り返してしまうものです。

 これは成長を妨げる原因にはなれど、絶対に成長因子にはなり得ない――最近の私は、そう気がつきました。

 この世知辛い世の中で、愚痴を抱えて毎日生きている人っていっぱいいると思います。それどころか、9割以上の人が、現状に何らかの不満を抱いているのではないでしょうか?
 勿論、私にだって愚痴はあります。しかし、「グッッ」とそれを堪えます。
 堪えることで、愚痴から発せられるマイナスの波動は誰にも流されることがありません。誰かに嫌な気持ちを味合わせるぐらいであるならば、私はそれを自分で呑み込んで、自分なりに昇華することを努力します。
 愚痴を言うか、言わないかで、その人の「忍耐力」が測れるような気がします。
 現在、篠崎はNPO事業の申請準備中ですが、発起人や協力者としてお願いする人達の第一条件に、この「愚痴っぽいか、否か」が組み込まれています。愚痴っぽい人は、与えられた仕事に文句を言うだけでなく、自ら自主性をもって行動し、ポリシーを維持しようという気概に欠けているきらいがあるからです。

 まぁ――だからといって、「愚痴が多い」という理由だけで、簡単に人間関係は切れません。それに、「愚痴を言わずにはいられない程、辛い状況にある」人もいるでしょうから……そういう人の愚痴は「聞いてあげるのが、一番かな」と思っています。でも、聞いて、私自身はすぐに「流してしまいます」ね。
 ただ、些細なことでも何でも愚痴にしたがる人には一言――「これから太陽黒点が多くなるから、そうすると、自分の内面が成長してないとますます愚痴りたくなるような状況が悪化するよ。もっと相手のいいところや、状況のいいところに目を向けるよう、努力してみては?」とアドバイスぐらいはした方がいいかもしれませんね(笑)。

 闇雲なポジティブシンキングになれる程、人って単純な生き物ではありません。
 絶対に、抱え込んでいる闇や負の想念って、あるはずなのです。
 しかし、それをただ「臭いものに蓋をする」感覚で見ないフリをしたり、もしくは他者が嫌な思いをするのなんか気にも止めず、あちこちで愚痴を言いふらすようでは、これからの時代の波に乗り遅れてしまうのは確実でしょう。
 愚痴が多い人は、ひとつでもいいから「今」の中からの喜びや楽しみを見出し、相手の中に長所を見出せば、気がつけば必ず素晴らしい人生が切り開かれているだろうとそう思います。少なくとも私は、相手の中に長所を見出すことで、人間関係において大きな問題を起こすことなく、誰とでも調和して生きてくることが出来ました。
 これからの時代に必要なのは、そういう「相手の中にある『光』」を、「自分の中にある『光』」と結合していく作業なのでしょう。
 同時に、「社会の中にある『光』」に、「自分の中にある『光』」を投影させていくこと。

 愚痴という泥沼から一日でも早く這い出てきて、一人でも多くの人が「自分の中の『光』」に気づいてくれることを願ってやまない昨今です。


●多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


――――――――――――――――――
◇お知らせ◇
年明け1月1日を目標に、「YOU are EARTH」のメインサイトを作成中です。完成しましたら、ブログもすべて引越します。(詳細が決まりましたら、また改めてお知らせします。)
――――――――――――――――――


【YOU are EARTH】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

imagination.jpg
http://yura-shino.com/imagination/

*----*----*----*----*----*----*----*----*
2012年問題、アセンション、体外離脱先で得た体験を元に「未来の地球予想像」を語る「対談セミナー」を行います。

「2012年『後』・地球の未来を創造する」
2009年12月12日 新宿にて開催


根拠のないアセンション論などではなく、現実問題、およびそこから派生した考察に基づいた対談を予定しています。今や、「不思議な現象」というのは誰もが体感する「普通のこと」となっています。それだけ、時代の加速化が進んでいる証拠でもあるのでしょう。
2012年というのは映画にあるような奇抜な発想ではなく、もっと堅実に「内なるもの」から派生した重要な転換期なのだと私には思えます。
浮ついたアセンション論ではない、もっと超感覚的でありながらもそれを「現実の視点」でとらえた対談を行います。
お時間のある方は、是非ご参加くださいv

◆重要なお知らせ(21:13追記)◆
現在、セミナーにお申し込み頂いた方全員に入場券を送付済みです。
まだ届いていない方は、恐れ入りますがメールフォームよりご連絡ください。
尚、まだ担当者からメールが届いておらず、受信メールアドレスを携帯で指定されている方は、PCからのメール受信設定を一時的に受付可にして頂くか、或いはPCのメールが受信できるアドレスをこちらのメールフォームからご連絡頂くか、或いは実務担当・麻日さんのブログにてご確認ください。

*----*----*----*----*----*----*----*----*

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード