2012年特集:太陽黒点と太陽霊光による粛清

 ここしばらく大人しかった黒点が、9日から復活しました。http://swc.nict.go.jp/sunspot/
 でも、まださほど大したことはないですね。先月のちょうど今頃も、同じように十数個黒点が現れていたので、多少時期が被っているのかもしれません。10月末の一週間に現れた数百のレベルに比べたら、まだまだ数十分の1です。

 伊勢白山道のブロガー、リーマン氏は、9月の満月期であった9月9日から、旧暦の9月9日(実際の暦では10月26日)までが「地球のバルドゥ期(四十九日)」だった――と言います。これは年に数回あるそうですが、生きている間に四十九日を過ごすという変わった時期です。
 その上、面白いことにこの10月26日を脱けた前後ぐらいから、いっきに太陽黒点が数百まで上昇しました。それが31日頃まで続きます。決して無関係ではないと思えるのは――私だけでしょうか?

 太陽黒点が人間に影響することと、太陽霊光が人間に影響することというのは、また違うようです。
「太陽霊光って何よ」と思われる方もいらっしゃると思いますが――私も、何とも説明のつきようがありません(笑)。強いていえば――「生命力を与えるエネルギー」であり、「生命そのもの」でしょうか。草木に太陽の光が当たって光合成を起こし、芽がみるみるうちに成長していくのも、ただ単に「草木に光合成の力があるから」という理由だけではありません。物事が何か作用を起こす場合、片方だけの理由でもって、影響力はありません。ですから、光合成を受けることで成長するというシステムの裏には、「太陽エネルギーによる何らかの力」が含まれているのだと私は思います。
 それこそが、「太陽霊光」なのではないでしょうか。

 また、確かにここ最近の太陽は「異様に眩しくて、透き通っているなぁ」って感じることがあります。
 その上、太陽が出ている、出ていないでは温度差が極端に違いますよね。篠崎の部屋なんか、ハンパじゃない日当たりの良さなので、日中晴れている日だと室温が平気で「28度」までいきます(11月下旬で、ですよ?)。ここまで異常なのは、正直言って今年が初めてです。

 太陽の霊光は、肉体に影響するというよりも「人間の霊体」に影響するようです。
 黒点は直接肉体に影響するようですが、いわば霊光の方は「黒点の活動開始になる前に、人間の心の準備をさせておく」といった感じでしょうか。いざ黒点活動にスイッチが入ってしまったら、それまで私達が抱いてきた不満、思い、いろいろなものが「表面化」します。そうなるまでの成長を、霊光が促してくれているのかもしれません。

 こういう現象に注目されるようになったのも、もしや2012年の影響なのかもしれません。こういうことは今に始まったわけではなくて、もうずっと昔から存在し――たまたま、この時代において「注目に至った」というだけなのかもしれません。
 しかし、そうは言ったところで世界中諸処問題を抱えているのは新聞の見だしを見れば明らかだし、世界中のどこもが、その国の特徴において「限界」に至っている印象を受けます。
 先日、ノーベル平和賞の授賞式で「アフガニスタンの戦争を正当化したオバマ首相」の記事を読み、私は深く溜息を吐きました。
「ブルータス。お前もか」といった心境です。

 どんな状況であれ、「正当化される戦争なんか、あり得ません」
 考えてもみてください。アルカイダが今、アメリカに何か仕掛けましたか? 静かなものじゃないですか。
 しかも、アルカイダはすでに「200名」しかいないのです。200名相手に何が戦争ですか!
 その為に、アフガニスタンの市民がどれだけ苦しめられているのか、「あんたは知っているのか」とオバマ大統領に叫びたい気分です。
 アフガニスタンは厳粛なイスラム法に則っている為、同胞への忠誠にいい加減な欧米人には「まったく理解出来ない世界」でしょうね。しかし、ひとつの国のアイデンティティ、イデオロギーに対し、国で介在するなんて馬鹿げたこと「いい加減やめろ!」と、私は叫びたい。

 ガザ地区への攻撃には何のコメントもせず、アフガンの戦闘行為は正当化ですか(苦笑)。
 ですが、もう何も申しますまい――。
 太陽黒点が、どのようにそれらを判断しているのか、すべてはそこに委ねるとしましょう。


※明日はセミナーの為、ブログはお休みします。セミナーの内容は一部音声おこししたものをメインサイトにて公開致しますので、お待ち下さいマセ。

●多くの方に、アセンション・ブームとしてではなく「真剣な目で地球人類の進化に意識を向けて欲しい」と願っています。ひとりでも多くの方に読んで頂けるよう、以下のクリックにご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ


――――――――――――――――――
◇お知らせ◇
年明け1月1日を目標に、「YOU are EARTH」のメインサイトを作成中です。完成しましたら、ブログもすべて引越します。(詳細が決まりましたら、また改めてお知らせします。)
――――――――――――――――――


【YOU are EARTH】
バナー
http://yura-shino.com/
携帯の方は「http://mobile.yura-shino.com/」へ)

imagination.jpg
http://yura-shino.com/imagination/

********************************************
「mixi」にて「地球未来創造部【アセンション】」コミュニティを運営しています。
地球の未来についてご提案、ご意http://swc.nict.go.jp/sunspot/見などがありましたら、是非コミュニティに参加して頂ければと存じます。(分野は問いません。医療分野、社会分野、教育分野など、様々な視点で「地球の未来」および「理想的な社会・国家」を探求したいと思っています。お気軽にご参加ください。)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4172264
※mixiの会員外の方でコミュに参加されたい方は、左フレームのメールフォームからご相談ください。
********************************************   
FC2カウンター
プロフィール

篠崎由羅(しのざきゆら)

Author:篠崎由羅(しのざきゆら)
1970年生。幼少期から哲学・宗教学に造詣を深める。思想および思想史、それに付随した国際事情に興味を抱いて独学を続け、大学ではインド哲学科専攻。東西問わず、両者の思想に渡り研究を深める。

現在は看護師として施設で勤務しながら、その傍らで執筆活動を続けている。2016年11月にYOU are EARTH改め「WE are EARTH」の活動を再始動予定。より良い未来の地球のため、全力を尽くす誓いをたてている。

【篠崎の著作本】

アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)アセンション真実への完全ガイド―2012年のイベントホライズン (5次元文庫 し 2-1)
(2010/06/09)
篠崎 由羅

商品詳細を見る


【第Ⅱ部に篠崎の質問文が一問一答形式で掲載されています】
クラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて  宇宙人の人類DNA大変革プログラムクラリオン星人コンタクティが体験した アセンション[量子転換]のすべて 宇宙人の人類DNA大変革プログラム
(2010/10/31)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る


【インタビュー本第二弾】
クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート  YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート YKAM 2012:宇宙創造者からの救いの手(超☆ぴかぴか) (超☆ぴかぴか文庫 3)
(2011/09/22)
マオリッツオ・カヴァーロ

商品詳細を見る

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QRコード